香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

雪に松

先月は先々月に出来なかったコーデをし
今月は先月出来なかった(着るはずだった)着物を着ます。
な〜んか今年の秋から冬は後手後手コーデになりますね

    161202_131921.jpg

比較的温かいので長羽織にケモノ巻で参ります


先月、機会があれば
紅葉の半衿に合わせるつもりだった常磐色の小紋。
まぁメインの演目の「松」に合ってたからいっか(笑)

161202_124909縮小 161202_124848.jpg

常磐色を掛けた小紋
(元は薄いグレーに紫の絞りの柄の飛び柄小紋)
薔薇柄名古屋帯
ミントグリーンのゼブラ帯揚げ
マゼンタ色三分紐
銀線細工の帯留め(ブローチから細工)
干支根付(申)

半衿は雪の結晶柄。
常磐色を松に見立てて、雪持ち松のイメージに
(ほほ、自己満×2)
薔薇帯も秋に締めそびれ 冬薔薇としての出番でした。
常磐色にグレーで正面だけなら暗い感じですが
お太鼓のタレ部分が白なので そんなでもないんですよ(笑)







スポンサーサイト
【 2016/12/04 (Sun) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(6)
こんにちは! 冬コーデの出遅れ感、わかります~。
でもそう感じさせないのがさすがの香子さん。何ともいえない
顔なじみ良い緑…と思ったら、グレーに色掛けしたのですね。
帯締めといい、クリスマス感もあってステキです❤
【 2016/12/04 】 編集
色を掛けるとこんなに深い雰囲気になるんですね。
雪持ち松、はい、なるほど~!っさすがーだわ。
香子さんは羽織でしたか。私は先日道中着で行きましたが
暑くてしんどかったです。帰りはショール巻いて帰宅。


香子さんが記事に書かれていたダリ展、行けなかったー・・
【 2016/12/05 】 編集
神奈川絵美さま
なんだか秋が短くなったせいでしょうか?
秋向きのコーデが間に合わなくて〜(笑)

新しい反物を買うよりは…と手元にある物を利用した次第。
こうして褒めていただけるから成功ですね i-179
【 2016/12/05 】 編集
sognoさま
これぐらいの色を掛けると染みも目立たなくなります v-221
新しい物から誂えるよりリーズナブルだし(笑)
(でもまあ、物によりますよね)
先週、歌舞伎座で貰った風邪が引き続いてまして
それでもけっこう温かかったですねえ。
ダリ展、残念でした。期間が長いと思ってても
あっという間に終了しちゃいますねえ i-201
【 2016/12/05 】 編集
香子さんの 取り合わせは 色目が絶妙だなあといつも拝見しています。
今回の帯回りもとてもきれい~。

しかし ケモノって、、、、面白~い (~_~)
【 2016/12/05 】 編集
風子さま
ありがとうございま〜す i-278
こういうグリーン、風子さんもお好きでしょ?
着物は似ても個性は帯合わせで出ますよね。

義母が残してくれたケモノ襟巻きが活躍してます♪
相方は昔、狸だかアライグマだかの帽子持ってたんですよ。
ほらハックルベリーとか被ってそうなの。
でもケモノって生きてるの見ちゃうと巻けないですよね〜!?
【 2016/12/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する