香古箱

ARTICLE PAGE

初日

とうとう師走になってしまいました
今年も一年が早かったです(いったい何をしていたんだか…)
押し詰まると観劇どころじゃないので
行けるものは早めに行ってしまいましょう。

161202_142934.jpg 161202_140240.jpg

ってことで、歌舞伎座は初日に参りました。
木挽町広場では一部で出演の“がぶ”と“めい”がお出迎え
もっとも今月は大人の事情で一部はパスしましたが(笑)

【十二月大歌舞伎】

<第二部>
一、吹雪峠(ふぶきとうげ)

初日でも若手はセリフ入ってるから安心(笑)
ま、ちょっと「?」なところも1カ所くらいはありましたが
ぜんぜん大丈夫です(コレがベテランだとなかなかねw)

直吉:中車
助蔵:松也
おえん:七之助



二、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)寺子屋
寺入りよりいろは送りまで

寺入りが入る事で千代の哀しさが倍増です。
前から感じてましたが、今回共演した事で実感
B枝クンと7クンの声質似てますよね〜。
そしてK九郎クン初役の松王丸…
N村屋独特の銀鼠の衣装が感慨深いです。

松王丸:勘九郎
武部源蔵:松也
戸浪:梅枝
園生の前:新悟
涎くり与太郎:弘太郎
下男三助:寿猿
春藤玄蕃:猿弥
千代:七之助



<第三部>
一、二人椀久(ににんわんきゅう)

曲も振りも大好きな舞踊ですが
今回のは大幅に振りが変わってました。
う〜ん、やはりタマさま動けなくなってるのですよね。
K九郎クン、踊りがキレイだなあ♪
最後もSメちゃんの時は「瀕死の白鳥」のようでしたが
今回は余韻を残した感じでした。

松山太夫:玉三郎
椀屋久兵衛:勘九郎



二、京鹿子娘五人道成寺(きょうかのこむすめごにんどうじょうじ)
道行より鐘入りまで

まぁ、キレイだこと!
道行きはN村屋兄弟、金冠からタマさまの出で
引き抜きの後、兄弟とタマさま舞台上で3人と思ってたら
花道でB枝クンとコタちゃんがいた〜
七枚笠はコタちゃんソロ、その後B枝ちゃんのソロパ−トがあって
鈴太鼓は5人揃って華やかでキャピキャピした女子会みたいでした(笑)
こうして5人揃ってると目がいくのはやはりK九郎クンの踊りですね。
何と言っても一つ一つの形がキレイ、所作がキレイ…
基礎がしっかりしてるからかしら?

道成寺なので手拭い撒きがあります。
今回から強肩の兄さんが手拭い撒き部隊から外れたので
三階席まで投げられる方がいなくなりました。
(もっとも三階Bまではいつも来ませんけどね…笑)

白拍子花子:玉三郎
白拍子花子:勘九郎
白拍子花子:七之助
白拍子花子:梅枝
白拍子花子:児太郎
所化:亀三郎
同 :萬太郎
同 :橘太郎
同 :吉之丞

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment