香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

連チャンで国立

さてさて霜月、まずは忠臣蔵第二部に参りました。

    H28-11kanadehon-omote.jpg

そして翌日はこちら ⇒ N村京蔵が語る「国立劇場養成所46年」

連チャンで国立劇場に出没であります(笑)


竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作
【通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)第二部】 
浄瑠璃 道行旅路の花聟 清元連中
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
      同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
七段目 祇園一力茶屋の場


道行はキレイ目コンビでようございました。

定九郎のS緑さん、相変わらず足がキレイ♪
膝から下が長いんですよね、現代っ子だわ〜

ヲヤジさまの勘平はもうすぐ見納めかしら?
一つ一つの所作をガン見してしまった。

七段目は賑やか〜、でもこんなに長かったっけ?
背中や腰が痛くなってきました
ちょっと暑かった事もあり、周りからはイビキが聞こえ…(苦笑)
つられて気が遠くなったりも
九太夫を刺す場面、畳に刀を突き立てるのはK四郎さんでしたっけね?
キッチーさんは階段横から刀を入れてましたわ。
M五郎さん初役の平右衛門はおかると釣り合い良かったかも。

<道行旅路の花聟>
 早野勘平:中村錦之助
 鷺坂伴内:坂東亀三郎
 腰元おかる:尾上菊之助
<五段目>
 早野勘平:尾上菊五郎
 千崎弥五郎:河原崎権十郎
 斧定九郎:尾上松緑
<六段目>
 早野勘平:尾上菊五郎
 原郷右衛門:中村歌六
 勘平女房おかる:尾上菊之助
 千崎弥五郎:河原崎権十郎
 判人源六:市川團蔵
 与市兵衛女房おかや:中村東蔵
 一文字屋お才:中村魁春
<七段目>
 大星由良之助:中村吉右衛門
 寺岡平右衛門:中村又五郎
 赤垣源蔵:坂東亀三郎
 矢間重太郎:坂東亀寿
 竹森喜多八:中村隼人
 鷺坂伴内:中村吉之丞
 斧九太夫:嵐橘三郎
 大星力弥:中村種之助
 遊女おかる:中村雀右衛門



さて翌日の歌舞伎セミナー。

161105_185647.jpg 161106_142724.jpg

国立劇場の50周年記念と「歌舞伎の型」復刊の出版社さんの企画です。
手始めに十三代目23衛門さんと先代のT中伝左衛門さんの
本が暮れに復刊されるそうです。
まずはそれに絡めたお話をしてくださいました。
「忠臣蔵」上演についての上方と江戸のセットの違いや
出す場面の違い(上方のセットはより写実的。そして「評定」は出さないなど)
十三代目さんの由良之助の映像をたんまり見せて下さいました。
B幸さんの塩冶判官や遊女おかる良かったわ〜
簪を落とした場面、前の日のは気が遠くなって見逃しましたが
この日見られて良かったわ(笑)

そして、その後はK蔵さんとK山さんの対談です。
養成所時代のお話から(先代M五郎さんや8重之助さんのお話、そしてS太夫さんや
T中佐太郎さんがキビシかった話などw)

ジャッキーさんに弟子入りしてからのお話など盛りだくさん。
ジャッキーさんは舞台上で寝てても「きっかけ」は外さないなどと
笑えるお話もしてくださいました。
新派に誘われたお話もされてまして、新派の女形は歌舞伎とは
動きや型(身体の使い方)が全然違うんだそうですよ。

K蔵さん、今月は国立の七段目・布団と枕のくだりに出られてます。





スポンサーサイト
【 2016/11/06 (Sun) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する