香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

珍しく小紋

いつもこの時期は伯母の大島など
カタモノを着る事が多いのですが
この夏いただいた小紋を着てみたくてのコーデです。

    161021_100627.jpg


ワタシにしては珍しく、柄がハッキリ入った小紋。
(自分じゃなかなか買わない柄ですね〜)
鳥や花の周りは金で縁取られています。
襲名公演の三階席にピッタリかも…と(笑)
歌舞伎座はこういう昭和な小紋をお召しの方も
チラホラいらっしゃるので安心して着ていけます。
行き帰りはボカシの単衣羽織で柄の面積を少なめに

161021_092758縮小 161021_092808.jpg

花鳥柄小紋(いただき物)
コスモス柄名古屋帯
小鮒草染め帯揚げ
二藍の三分紐
黒の小鳥の帯留め
赤い鯉の根付

前日が夏日で暑かったのでついつい白い帯にしてしまいました。
染めの着物に染めの帯でちょっとセオリーから外れますが
別にいいのだ〜 by バカボンのパパ
(単に白地の織の名古屋を持ってないだけ)
この前の文楽の『一谷嫩軍記』でも使った帯留め使用
襲名を寿いで(出世を祈念して)鯉の根付。
でも遠目で見たら“鯛”にも見えて「目出度い」の意味も。

Cに後ろ姿を取ってもらいました。
相変わらずお太鼓が大きいです
でも横長にするのは好きじゃないんですよね。

    161021_213756.jpg

スポンサーサイト
【 2016/10/23 (Sun) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(8)
その時の気温や湿度などの天候によって
手に取るものの風合いや色目は違ってきますよね。
模様の色数が多い着物だから白の帯がすっきりしていいですね。
【 2016/10/23 】 編集
かなこさま
ありがとうございます。
かなりはっきりとした色と大きな柄行きなので
いただくのを躊躇ったんですが
60代でバンバンお召しだったと伺って
「あ、じゃだいじょぶか」といただいた次第です i-229
【 2016/10/24 】 編集
ホントですね、はっきりした柄の小紋はあまりお見掛けしませんね。
でも白い帯ですっきり、はいつも通りでいらっしゃる。
ほっそりした後姿が羨ましい・・・
【 2016/10/24 】 編集
uzuzさま
そーなんですよ、分かっていらっしゃる(笑)
着物は目立たず、帯で遊ぶのが好きなんですよ i-179
こういう着物には道長取りのつづれとかいいなあと
物欲が…おぉっと、いかん×2、買えません!(爆)
【 2016/10/24 】 編集
んまあ、妙に新鮮でございますわ。
大きな柄の小紋、そういえばこれまであまりお目にかかって
いないかもですね。
香子さん風に着こなしているところがさすが!
【 2016/10/25 】 編集
sognoさま
お、そうですか? ありがとうございます♪
親世代が好きながらですよね。
こういうのでアンサンブルとかありそうです。

今日もまた いただき物を着たんですよ〜 i-179
【 2016/10/25 】 編集
香子さま
まあ〜、香子さんにしては珍しいハッキリクッキリな柄。
新鮮です。sognoさんがおっしゃるように、香子さん風なのが◎
【 2016/10/25 】 編集
朋百香さま
うふふ、ありがとうございます。
自分では手にしない意匠もいただき物なら“有り”ですね i-179
今年中にもう一回くらい出番を作ろうかしらん(笑)
【 2016/10/26 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する