香古箱

ARTICLE PAGE

有為転変

今月の歌舞伎座もそろそろ千穐楽が近づいてきましたね。
今月は襲名披露公演、ようやく出掛けて参りました。
また“通し観劇”です…おバカです(笑)
※タイトルは週名演目の「熊谷陣屋」から

161021_160526.jpg 161021_102905.jpg

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露
  中村国生改め 四代目中村橋之助     
  中村宗生改め 三代目中村福之助 襲名披露
  中村宜生改め 四代目中村歌之助
    
【芸術祭十月大歌舞伎】

161021_160911.jpg 161021_103520.jpg

<昼の部>
一、初帆上成駒宝船(ほあげていおうたからぶね)

今回同時襲名する三兄弟向けの新作舞踊。
うん、やっぱお兄ちゃんが場数を踏んでるだけあるかな

橋彦:国生改め橋之助
福彦:宗生改め福之助
歌彦:宜生改め歌之助



二、女暫(おんなしばらく)

大時代的で形式的でけっこう好きな演目です♪
7クンも良かったですが、そんな中でも
要所要所に入ってるチームO羽屋は
いい声が揃ってていいですよね。
S緑さんがネガティブになってた舞台番もよかったですよ〜。
あの花道のやり取りはお客さんにウケますね
(ホント、カマってちゃんなんだから…笑)

巴御前:七之助
舞台番松吉:松緑
轟坊震斎:松也
手塚太郎:歌昇
紅梅姫:尾上右近
女鯰若菜:児太郎
局唐糸:芝喜松改め梅花
東条八郎:吉之丞
江田源三:亀寿
猪俣平六:亀三郎
成田五郎:男女蔵
清水冠者義高:権十郎
蒲冠者範頼:又五郎


161021_124650.jpg 161021_124722.jpg

三、お染 久松 浮塒鷗(うきねのともどり)

ふふ、ランチ後で休憩してしまった
ほら、うだうだと生きるの死ぬのベタベタ〜ってのは苦手なんで

女猿曳:菊之助
お染:児太郎
久松:松也

     

四、極付 幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)
「公平法問諍」

以前観たコタちゃんの頼義が破壊的でねえ(F助さんが柏の前)
どうなる事かと思ってたんですよ
でも色々あって…最近成長著しいですよね!
オバちゃんはそれだけでうるうるです、ガンバレ

幡随院長兵衛:橋之助改め芝翫
女房お時:雀右衛門
唐犬権兵衛:又五郎
伊予守源頼義:七之助
坂田公平:亀三郎
御台柏の前:児太郎
極楽十三:国生改め橋之助
雷重五郎:宗生改め福之助
神田弥吉:宜生改め歌之助
下女およし:芝喜松改め梅花
舞台番新吉:吉之丞
坂田金左衛門:男女蔵
渡辺綱九郎:権十郎
出尻清兵衛:松緑
近藤登之助:東蔵
水野十郎左衛門:菊五郎



    161021_160839.jpg

     
<夜の部>

一、歌舞伎十八番の内 外郎売(ういろううり)

機会が無くてこの演目を見るのは初めてでした。
あぁ、外郎売りを絡めた『曽我の対面』の別バージョンですね。
以前どこかで、早口は本来ちょっと危なっかしく言うらしいと
聞いたのですが、ヒヤヒヤはしなかったです

外郎売実は曽我五郎:松緑
大磯の虎:七之助
曽我十郎:亀三郎
小林妹舞鶴:尾上右近
化粧坂少将:児太郎
近江小藤太:宗生改め福之助
八幡三郎:宜生改め歌之助
茶道珍斎:吉之丞
小林朝比奈:亀寿
梶原景時:男女蔵
工藤祐経:歌六

 
    
    161021_171126.jpg

八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助 四代目中村歌之助 
襲名披露 口上(こうじょう)


総勢19名がズラ〜ッと並んで壮観でした。
あぁ、M嶋屋さんを代表してガトはんが並ばれてて…
7クンやコタちゃんの所ではやっぱるウルっと来ちゃった。
(K9郎クンの襲名ではK3郎さんが無くなった後、京都まで行ったもんなあ)

橋之助改め芝翫
国生改め橋之助
宗生改め福之助
宜生改め歌之助
藤十郎 幹部俳優出演



一谷嫩軍記
三、熊谷陣屋(くまがいじんや)


芝翫型と呼ばれる型の再演だそうで
なるほど直実1人がクローズアップされる團十郎型と違っていて
ワタシは文楽の演出に近いなあと思いました(より時代的なのでしょう)
「16年は一昔…」を陣屋の中で言っていたので、よけいに…ね。
最近、K春さんがいいなあ〜と思ってましてね。
今回も相模の出でチラッと奥の障子を見るんですが
藤の方がいるのを瞬時にわからせてましたね。

熊谷直実:橋之助改め芝翫
相模:魁春
藤の方:菊之助
亀井六郎:歌昇
片岡八郎:尾上右近
伊勢三郎:宗生改め福之助
駿河次郎:宜生改め歌之助
梶原平次景高:吉之丞
堤軍次:国生改め橋之助
白毫弥陀六:歌六
源義経:吉右衛門


     
四、藤娘(ふじむすめ)

先代芝翫さんの傘寿の時の「藤娘」を思い出します。
あのお年なのに酔った所でも清純な藤の精でした。
(逆に4猿ちゃんのは妖艶でしたねえ)
タマさまの踊りは誰のものとも似てない別物ですね 。
タマさまはタマさま、唯一無二な気がします。

藤の精:玉三郎


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment