香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

アフタヌーンコンサート

雲一つないスッキリと晴れた秋の一日
ハマのシショーを始めとするマダム3人と
マダム見習い3人が連れ立って柴又へ

161015_110722.jpg 161015_112304.jpg

先週、偶然TV番組で見たので予習はバッチリ。
浮き彫りの施された山門などを拝見。
(有名な社殿の中の彫刻は外からのみで済ませたw)

    161015_111022.jpg

ホントに良いお日和♪
七五三のご家族が何組もいらっしゃいましたよ。


今回の引率Mちゃんの先導で*こちら*にも参ります。
先輩マダムたちが懐かしいだろうと言う事で
(ワタシたちはほとんど映画は見た事無いのでした)

161015_120039.jpg 161015_114258.jpg

こちらの入り口にある像は、駅にある像とリンクしてて
無くした物が戻ってくる謂れがあるらしい。
(駅前の像の左足が撫でられてキレイになってる)

まあ、その辺はテキトーに流してw
ここから先がこの日のメイン(笑)
応援してるチェロ奏者・Aクン(シショーのお友達のお孫さん)
コンサートが近くでありましたのん。

Trio Cordis

いやあ、陽に当たってけっこう歩いて
昼食後でお腹もいっぱいだし寝るよね〜と言ってたら
シショー曰く「寝ても良いのよ、そうじゃなきゃ
クラシックなんて誰も聴きに行かないわよ!」

もうそれだけでコマダムたちに大ウケでありました。

案の定、時々気が遠くなりつつもがんばって拝聴。
ショパンってコブシと言うか音を飾るよね〜とか思って聴いてました。
最後のピアソラはサスペンスドラマのエンディングに使えるとか
下世話な事を思ったりして…失礼しました(爆)

1)R.グリエール:8つの小品 Op.39より
 1.Prelude 2.Gavotte 3.Berceuse 4.Canzonetta 7.Scherzo
2)J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番BWV1001より
 1.Adagio 2.Fuga.Allegro
3)ブラームス:6つの小品より op.118
 1.Intermezzo 2.Intermezzo 3.Ballade 4.Intermezzo
4)ショパン:序奏と華麗なるポロネーズop.3

5)ブラームス:ピアノトリオ第1番 op.8
 第一楽章 ロ長調 Allegro con brio 〜 第四楽章 ロ短調 Allegro
アンコール)ピアソラ「冬」



懐かしの昭和と芸術の秋を堪能した一日でした。
しかし…遠かったな



スポンサーサイト
【 2016/10/16 (Sun) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する