香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

H28.9・10月の本

あぁ、いやだ、もう冬だよ…
せめて今月前半くらいは深まる秋を堪能したい。
そんな中、年一の乳ガン検診に行ってマンモ2方向&超音波。
その後別のクリニックに先週やった区の健診の結果を聞きに行って
ついでに頸動脈の超音波と血圧脈波検査をして帰ってきました。

とうとうUニクロのライトダウン出しちゃいましたよ〜

     :

さて、例のクラッチバッグの全容はこちら

   161102_215050.jpg

ね、取っ手がメリケンサックでしょ(笑)
※メリケンサック…またはカイザーナックル(マンガ用語)と申します。
外袋(?)はパウダーオレンジのパイソン柄です。
ポケットがいっぱいある使いやすいバッグが好きですが
こういうちょっと変わったのも好きです(張り子の鳥バッグしかりw)

さて、冊数は少ないですが読書記録をば…


完訳日本の古典 宇治拾遺物語(一)』 by 小学館
 読み進むと「あれ?デジャブ?」なお話が…
 『今昔物語』に収録されている話が若干簡単になって載っていたりします。
 これはまず「今昔物語を先に読了しなければ」と『宇治拾遺物語』は
 この(一)だけ読んで『今昔物語』の方にスイッチしました。
 それでも「こぶとりじいさん」や「わらしべ長者」の元になった
 お話がチラホラあり、面白かったでした。


完訳日本の古典 今昔物語(四)』 by 小学館
 この巻には芥川龍之介の小説の元になった話がいろいろ出てきます。
 「鼻」「羅生門」「藪の中」…芥川のこれらの小説は読んでませんが
 原作を読んだからいいよね(笑) こちらには強盗に入って殺されたり
 殺したり、ちょっとバイオレンスなお話がまとまってます。
 そうそう、夏に読んだ獏さんの本に出てくる幻術で瓜を出す話の元話も
 載ってました。ここから取ったんだなあ〜とニマニマしました。

 ※要するに『今昔物語集』は、仏家における「物語」作成の営為であった
  と位置づける事が出来る…と解説にありました。なるほど


★『楼蘭』 by 井上 靖
 ず〜っと気になってて読みたかった本です。
 楼蘭の少女(?)の木乃伊がイメージにあって…。
 匈奴と漢に振り回された国だったんですね。
 “羅刹女国”は今昔物語にも伝説として入ってます。
 “補陀落渡海記”はデジャブでした、以前読んだ事あります。
 ただ初出は昭和37年なんですよね。さすがに本好きでも
 幼稚園児がこんな本読めません。高校生か大学生の時分に
 父の書棚から取り出して読んだのかもしれません。
 生きながら出入口の無い舟に入れられて補陀落渡海…
 早い話が死ぬだけなんてぜ〜ったい無理、嫌だ!と
 強く記憶に残っていたのでした。
 


※★マークは購入したもの。
 今回読んだコミックスは『昭和元禄落語心中(10)』
 『スキップ・ビート(39)』『11人いる!』『銀の三角』
スポンサーサイト
【 2016/11/02 (Wed) 】 本箱 | TB(-) | CM(6)
芥川龍之介と今昔物語の読み比べは小学生の時にやった記憶がある。
・・・なにせ 父からの感染で小児結核患者で 運動が制限されたいたし 遠足や運動会などの学校行事も参加できなかった。

芥川龍之介全集や井上靖は 中高生の時の愛読書。

暗かったんだぜw(笑)

もっと暗い中上健次のパワーに衝撃を受けたけど
ただいま読んでいる 島崎藤村の『破壊』はつまらなさ満載ww
ま、そのうち読了いたしますわ。
【 2016/11/02 】 編集
じゅんちゃんさま?
さすが、小学生時代にやられてるとは♪
ワタシも実家にいた時はずっとインドア派でしたが
(祖母の介護で、放課後友達と遊んだりはほとんどしなかった)
そこまでは〜 i-201
でも、今読んでるのは読み下し分ですよ〜ん i-236

「破壊」は…ワタシは主人公の懊悩が身近でない分わからないかも。
【 2016/11/03 】 編集
サクっと古典。カッコいいです。
そういえばそんな名前聞いたことがあるなあ、の私。
井上靖さんといえば、教科書で「しろばんば」習った記憶
あります。大人になってからは「氷壁」、それだけかな。
【 2016/11/03 】 編集
sognoさま
いえいえ、ひとえに伯母の形見の古典シリーズを読破したいが為です。
読み下し分を読んだ後、訳文も読みますよ〜 i-236

ワタシの場合、小説はタイトル買いかジャケ買いが多いですね。
最近のアニメ風のカバーは食指が動きませんのん。
井上靖さんの文章は最近の作家さんより数段良かったで〜す i-278
【 2016/11/03 】 編集
さすが香子さん。歌舞伎や狂言だけでなく古典まで!

私も『歴史で習ったな~』くらいの認識でお恥ずかしい(^o^;)
子供が出来てくらいから細かい文が目に入らなくなり、軽い現代ものやコミックしか読めなくなってしまいました( ;∀;)
子供向けの文字の簡単な訳のを借りてこようかなw
スキップビートや落語心中はちゃっかり○タヤで借りて見ています(笑)好みが合うかも~
【 2016/11/05 】 編集
macoさま
コメントありがとうございま〜す i-179
日本の古典シリーズは実家にあった伯母の形見なんです。
父の形見の全集もあるので、それは実家に置いておいて
伯母のはワタシが引き取ろうと(年5冊引き取ってきます)

マンガはね〜、小学生の頃から大好きで(笑)
好きが講じてマンガまみれのお仕事に就きましたから v-221
萩尾先生のは借りましたが「スキビ」と「落語心中」は買ってます。
欠かさず買うのは前出の「スキビ」と「百鬼夜行抄」「花よりも花の如く」
「チェーザレ」「鬼灯の冷徹」くらいになりました i-179
【 2016/11/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する