香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

絹紅梅

歌舞伎座へは、バレエガラ用に用意していた一揃いを。

ただし、1週間違うと季節も気分も微妙に変わっていて
長襦袢を濃い色にして自分なりの晩夏にしてみました

    160826_134419.jpg


なでしこは9月の花なので初夏には手が出ないんですよね。
で、色的にも8月後半の短い期間にしか出番がありません。
今年出せて良かったでした〜♪

160826_130829縮小 160826_130843.jpg

なでしこ柄の絹紅梅(お譲り着物)
アザミ柄のベリー色八寸名古屋
ライラック色の帯揚げ
白に緑の点の帯締め
緑色の石の帯留め
バロックパールの根付

自分で染めた紫色の麻の襦袢には
新之助上布(麻)の半衿を着けました。

   160826_130857.jpg

濃い色の襦袢に白っぽい半衿だと
着物の下から半衿が透けるのですが
濃い色で揃えるとその辺はスッキリしていいですよね


この絹紅梅、
下さった方の手前もあり今まで悉皆に出してましたが
今年初めて自宅で洗ってみようと思ってます。


スポンサーサイト
【 2016/08/28 (Sun) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(8)
晩夏から初秋にかけての雰囲気が出ていていいですね~
確かに着る期間が短くなってしまう柄ゆきかも。
縮緬でなけりゃ、自宅洗いも結構何とかなる、かもですよね。
【 2016/08/28 】 編集
こんにちは! 香子さんのワードローブの中ではキュート寄りなお着物ですね♪可愛い~です。
なるほど、お襦袢を紫にすると、白地の夏夏しさ(?)がやわらぎますし、
半襟の透けも気になりませんね。
帯や帯留めのトーンも、もう秋ですねぇ。
歌舞伎、私もとんとご無沙汰で、来月ようやく、といった感じです。
【 2016/08/28 】 編集
かなこさま
ありがとうございます♪
“浴衣”って言ったら「絹紅梅!」って言い直されちゃって
自宅で洗ったらヤバいのか…と思ってたのでした(笑)
いただいてからもう10年以上経ってるからいいよね(爆)
白地がツラくなってきたら一色掛けようっと i-278
【 2016/08/29 】 編集
神奈川絵美さま
ふふふ、昭和な小花柄でしょう? i-179
こういうのも持ってたんですねえ(笑)
来月は上旬でしたよね、お召し物はどれかしら?
観劇レポも楽しみにしてますね v-428
【 2016/08/29 】 編集
夏の着物はあれとあれしか持っていないので、
早く単衣が着られるぐらい涼しくならないかなーであります(苦笑)
【 2016/08/29 】 編集
あらっ可愛い、いつもと感じが違います。
なるほど薄物だと長襦袢の色で、調節ができるのですね。
(って言っても、私は白しか持っておりませんが・・・)
【 2016/08/29 】 編集
櫻子さま
もうね、悉皆屋さんに出す着物は要りません。
洗える絽小紋が欲しいトコですわ〜 i-229
【 2016/08/29 】 編集
uzuzさま
白もくたびれて来たな〜と思ったら
自分でダイロンかなんかで染めるですよ〜 v-428
じつは今、未使用の白地の麻の反物が2反分あるので
今度は染めに出そうかと考え中です i-179
【 2016/08/29 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する