香古箱

ARTICLE PAGE

新之助上布

以前も書いたかもしれませんが、諸事情有り
この4月から和裁所に通う回数が半分になりました。
ますます亀の歩みでお仕立てに関する記事が
少なくなっておりまする

お客さまから兼ねてよりお預かりしていた新之助上布、
その綿麻の単衣が仕立て上がり、納品しました。
やっぱり単衣は早く仕上がっていいなあ(笑)

縦糸と横糸がピンクとブルーのシャンブレーっぽい生地です。
布地の色味はピンクが勝ってるかな〜。
でも縫い糸はブルーなんですよ

   160611_093236.jpg

お客さまのご希望でスマート仕立てです。

   160611_093334.jpg

そして居敷当てをご希望だったので
季節を鑑みて正絹の紗をおススメしました。
せっかくの綿麻なのにポリの居敷当てじゃ暑いですもんね。
この紗は正絹だけど洗えるし、風が通って涼しいんですよ〜
ただし衿裏はご了解を得てポリ絽にしました。
麻素材の衿裏もあるんですが、なんとこの居敷当てより高額と言う!

そんなこんなで無事納品させていただきました。
お仕事ありがとうございました


※和裁の先生がお引っ越しされる事になりました。
 自宅から近い所と見つけた和裁所だったので
 ちょっと途方に暮れています。
 家から遠くなりますのでね…お稽古に行く回数が
 更に少なくなる事は必須かと





スポンサーサイト

2 Comments

かなこ  

新之助上布はハリの具合としなやかさの加減が絶妙です。
これを着始めると、
よっぽど畏まった場所でなきゃ
初夏から初秋までこれ以外は着られないくらいです。

2016/06/17 (Fri) 20:34 | EDIT | REPLY |   

香子  

かなこさま

今回、水通しからお仕立てまでさせていただきましたが
ふんわりと柔らかでしっかりした生地でした。
(その分、かさ高くなる感じではありましたが)
透け感ないので5月から大活躍ですね。

2016/06/18 (Sat) 10:14 | EDIT | REPLY |   

Post a comment