香古箱

ARTICLE PAGE

H28,5・6月の本

この間の帯飾りをペンダントにしてガオカの時に初使い。
バックスキンの革ひもを使ったのだけど
表皮の方が良かったか…繊維が服に付く

160703_102507.jpg160706_111916.jpg
    これは翌日の画像 当日は先日ゲットした黒のブラウスで

暑さの戻った昨日は
避暑を兼ねてお中元の用事でデパートへ

ウインドーショッピングもして一休み 160707_170712.jpg

ふふ、おニューの靴も履いちゃった♪
なかなかいい感じです

さてさて、肝心の本。
あまり遠出もないので進みません。
6月は新しいタイトルも手元になかったので
以前読んだ物も本棚から出したりして…。

『空海の風景(下)』 by 司馬遼太郎
 唐から帰朝後の空海と最澄のその後…。
 腹を割って話すという機会が無いまま、双方の意識が
 クロスオーバーする事無く平行線をたどると言うか
 お互い「なんやコイツ?」と思ってたんだろうなあ
 それぞれの意識からしたら当たり前の事をしてるんだと思うんだけど
 そうじゃないのよ、ちゃんと言わなきゃわかんないのよ。


★『少年の名はジルベール』 by 竹宮恵子
 ケーコたんの自伝。
 少女コミックは他の少女マンガ誌とは一線を画してた気がします。
 冒険的と言うか、それまでになかった背徳感もプラスされていて
 定期購読までには至らなかったけれど、あれば読む…みたいな。
 やはり萩尾センセとケーコたんがメインでしたよね。
 そんな頃のケーコたんの心の葛藤と言うか…
 なかなか女版トキワ荘ってのは難しいですよね。


★『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻の一』 by 夢枕獏
 Sメちゃんで歌舞伎にもなって
 J姐さんから司馬遼太郎の本もお借りして読んで
 尚且つ、ホントの所の筋ってどういうの?と興味もあってゲット。
 獏先生の『陰陽師』よろしく、空海=晴明、逸勢=博雅っぽいですが
 空海は晴明より人間的で探究心がハンパない感じ。
 逸勢は博雅のように相棒的だけどちょっと小市民的
 それほど鷹揚ではない感じです(笑)
 
 歌舞伎では省略されている部分や変えてある部分がありました。
 やはり原作を読むともっと深いと言うかなんと言うか…
 1巻は阿倍仲麻呂=晁衡の文で楊貴妃の死について書かれています。


★『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻の二』 by 夢枕獏
 さて、どんどん伝奇的になって行きます。
 「呪」がかかってきましたよ(笑)


★『つくもがみ、遊ぼうよ』 y 畠中恵
 前作『つくもがみ貸します』のその後。
 今回は出雲屋の兄妹が夫婦となって(血は繋がってなかった)
 その子供たちを軸に据えたお話。
 畠中さんの妖は自己中だけど可愛くて憎めないから好き。


★『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻の三』 by 夢枕獏
★『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻の四』 by 夢枕獏
 3巻では高力士から晁衡への文があり
 長安を出る前後の話や楊貴妃の尸解の術が半分効かなかった理由を
 告白しています。
 4巻はいよいよ大円団へと向かいます。
 廃墟となった華清宮での往時を懐かしんでの宴を開催し
 ラスボス・黄鶴登場! そしてすべてを片付けて後の
 五筆和尚と言われる所以の場面が書かれています。

 うん、目で見るのもいいけど、やっぱり文字で読んで
 自分で想像して行くのがいいなあ。歌舞伎も良かったけど
 時間の制約もあるからか、ずいぶん設定違えてあったし


立川談志落語集 定本 九州吹戻し』 by 藤浦敦
 読む物が無くて再読。
 コレを読んでたら『達人×達人』で弟子の談春さんが出てて
 お坊さんとのトークだったんですが、なかなかに面白く
 あ〜、談志師匠の芝浜…ナマで聴きたかったなあ…と。


『小山三ひとり語り』 by 中村小山三
 これも読む物が無くて本棚から出した物。
 こちらには後見の事なども書いてあって、そこにはもちろん
 「四谷怪談」のお岩さんの髪梳き場面の後見話もあって…
 これを読んだ後にコクーンを観に行ったので
 (なんかちょっと違う)と思ってしまったのでした


※ ★マークは購入したもの。
 この月に読んだコミックスは『ちはやふる』28巻まで一気読み(笑)
 

スポンサーサイト

4 Comments

朋百香(tomoko)  

香子さま
そーそー、最近は大ぶりのペンダント流行っているのですよね〜。でも私、苦手なんですペンダント(若い時にはジャラジャラつけてたんですけどね・笑)帯飾りにもペンダントにもなるなんてお利口。そして靴、いい色ですね〜。大人女色と命名。

2016/07/10 (Sun) 20:36 | EDIT | REPLY |   

香子  

朋百香さま

ワタシもあまり着けないんです、ペンダント。
てか、アクセサリー自体めんどくさがりなので
普段からあまり着けてなくって(苦笑)
(手持ちは、ほとんど娘にあげちゃった)
これからちょっとは洋服の時もおしゃれしようかな〜と i-229
この靴、ドライビングシューズなんですが
皮が薄くて足にフィットして痛くならず履き心地イイです!

2016/07/10 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

uzuz  

少年の名は・・・図書館で予約しました。
蔵書数3で、私の順番は28番目です。
年内には読めると思います!

2016/07/11 (Mon) 15:13 | EDIT | REPLY |   

香子  

uzuzさん

わわ、28番目ですか!
早めにお手元に来るよう祈っております (-人-)

2016/07/12 (Tue) 11:03 | EDIT | REPLY |   

Post a comment