香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

巨匠

本日、ちょっと所用があり元職を訪ねる
元上司とランチして最近の仕事の話や
お芝居の話などを堪能して…向かった先がこちら

     160217_155418.jpg
 S父江慎+Cズフィッシュ展:ブックデザイ

ギョーカイではけっこう有名な方。
面識は無いのですが、以前お仕事振りには触れています。
印刷会社の製版部の方を名指しで色校正されてたのが
とても印象深く…それ以来、ワタシの中では「巨匠」の位置に。
(そうそう、作家さんからのカバー装丁のご指名でしたし)


    160217_180908.jpg

かなり多角的にお仕事されてるとは思ってましたが
展示物を見て、ここまでやられてるとはっ!
カバーの装丁はもちろんの事、ページ全体の構成
紙の指定にフォントの指示etc…
印刷所と共同でオリジナルフォントまで作っちゃってる!

すっげ〜な

そして、あったあったありました。赤字の入った色校(笑)
四校目で「すて〜き♡ OK♡  Sブエ」の文字。
こういう赤字が入れられるってなかなか無いですよ。

しっかり堪能した後は常設展も入ります。
なんか江戸の街って面白いじゃないですか
そうそう、レプリカかもしれませんが江戸図屏風が見られます。
(千葉県・S倉市の暦博に行かなくても見られちゃう)
家光を探せ!が出来ますよ(笑)

※帰宅後、あらためてプロフィールを見たら…げげげ、年下だったあ!
 俳優のY田鋼太郎さんが1コ下と知ったとき以来の衝撃!


     :

元職からいただいて来た♪

    160217_180500.jpg

あっという間に読んじゃうなあ〜


スポンサーサイト
【 2016/02/17 (Wed) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(8)
こんにちは! デザインってホント、奥が深いですよね。
本などの表紙は、まさに「顔」ですし、
こうしたプロのお仕事、心から尊敬します。
そして赤字にもお人柄を感じます。天職というか仕事を楽しんでいる
ことがよくわかります。

下の記事も拝読しました。
コート、裏地も共布(一部)なのですか?オシャレですね!
私も今日は結城でお出かけしました・・・。
【 2016/02/17 】 編集
これまた面白い展を見てきたのですね!!
本の装丁、かなり気になります。
【 2016/02/18 】 編集
神奈川絵美さま
そうなんですよ、見ててホント楽しい♪
こういうコンセプトからこうなった…みたいな
経過も展示してて、印刷の過程や種類も分かりますし。
赤字については、普通こういうのは書かないんですけどね i-229
顔マークがあったり、ハートのビックリマークがあったりと
他の人とは違うんですよねえ。

あ、紛らわしい掲載ですみません。
コート姿はご一緒したT子さんです〜☆
カフェオレ色の肩すべりが付いてました i-179
【 2016/02/18 】 編集
sognoさま
何より今までして来た本がズラ〜っと並んでましてね。
「言いまつがい」からアラーキーの写真集
「おそ松くん」の文庫本やら漱石の「こころ」他いっぱい!
手に取って読みたい欲求がムラムラ〜っと(笑)
【 2016/02/18 】 編集
あっ!すっかり忘れておりました!!
せっかくチェックしても終わってから思い出すもの多し(^^;
これはまだ間に合いますね〜
【 2016/02/20 】 編集
櫻子さま
もう後期になっちゃいましたので急いで〜 v-428
それにしても年下だったとは…地味にショック。。。
【 2016/02/21 】 編集
グレートS氏のお仕事ぶり、私もまだ行けずにいます。
3月になったら行けるかな。
しかし、同じく、もっと年上の方かと思ってました〜!!
【 2016/02/23 】 編集
Tomokoさま
スペース的には広くないのですが、十分楽しめました♪
他の常設展や売店も面白かったし i-278

> 同じく、もっと年上の方かと思ってました〜!!

ね、あの巨匠っぷりはウチの相方より年上だと思ってました。
ワタシより下だったとは… i-195
【 2016/02/23 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する