香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

本懐を遂げる

14日は赤穂浪士討ち入りの日。
しっかりその日に外伝である「四谷怪談」を観てきました。

12月はどこかで必ず忠臣蔵をやってるはずなのに
今年は国立しかやってないような…寂しいな。
でも前日・前々日とBSで忠臣蔵関連のドラマを
ちょこちょこ観て補充(笑)
それにしても古い作品なので物故者の多い事。
前日のなんて勝新の綱吉に杉村春子の桂昌院でした!
あ、8十助時代の3津5郎さんも出てた

     H27-toukaidou-omote.jpg


四世鶴屋南北=作
【通し狂言東海道四谷怪談 (とうかいどうよつやかいだん)
        
(発 端)鎌倉足利館門前の場
(序 幕)第一場  浅草観世音額堂の場
     第二場  浅草田圃地蔵前の場
     第三場  同  裏田圃の場 
(二幕目)第一場  雑司ヶ谷四谷町民谷伊右衛門浪宅の場
     第二場  同         伊藤喜兵衛宅の場
     第三場  元の伊右衛門浪宅の場
(大 詰)第一場  本所砂村隠亡堀の場
     第二場  深川寺町小汐田又之丞隠れ家の場
     第三場  本所蛇山庵室の場
     第四場  鎌倉高師直館夜討の場


四谷怪談が忠臣蔵に関係あると言うのを知らない方向けか
最初に刃傷の説明、最後に討ち入りの場が設けてあります。
地獄宿とか三角屋敷とかは無く、K山三さんが持ち役だった
おいろさんは誰が演るのかしらん?というワクワクは無しです
でも小汐田又之丞隠れ家の場が入ったので伊右衛門のお母さんが
どういう立ち位置かはストンと腹に納まったのでした。

染めちゃんのお岩さんは今まで観た中でも美人さんの部類。
そして武家の女房としての矜持が一際高いような…。
(なんとなく要所要所がTマさまっぽかった)
幽霊の衣装の裾が赤く、ミスターTによると産女みたいだそう。
ま、確かにそんな感じ。でもあの場面の行動はまさに産女だけどね。
(泣いてる赤子を渡すと、その赤子が別の物になってる@今昔物語)
M次郎さんのお熊が憎々しくていい味出してます。
そしてK蔵さんの伊藤家の乳母お槙も手堅い。

ただ、最後に討ち入りがあると四谷怪談のおどろおどろしさが
薄まったように感じました。

民谷伊右衛門/石堂右馬之丞: 松本幸四郎
小汐田又之丞: 中村錦之助
岩/小仏小平/佐藤与茂七/大星由良之助/鶴屋南北:市川染五郎
赤垣伝蔵:市川高麗蔵
矢間十太郎:中村松江
近松半六:市村竹松
岩の妹 袖/千崎弥五郎:坂東新悟
秋山長兵衛/大鷹文吾:大谷廣太郎
喜兵衛孫 梅/大星力弥:中村米吉
奥田庄三郎/竹森喜多八:中村隼人
医者 市谷尾扇:片岡松之助
関口官蔵/織部安兵衛:澤村宗之助
四谷左門:松本錦吾
薬売り藤八/金子屋庄七:大谷桂三
按摩宅悦/小林平内:片岡亀蔵
伊右衛門母 熊:市村萬次郎
直助権兵衛/仏孫兵衛:坂東彌十郎
伊藤喜兵衛/原郷右衛門:大谷友右衛門



劇場も気が利いてて舞台袖側が段だら模様。
そして黒衣ちゃんも大星黒衣之助〜

151214_151011.jpg 151214_130742縮小


スポンサーサイト
【 2015/12/15 (Tue) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(6)
ちょっと遅れて観てまいりやした。

高麗屋(Sめちゃん)大活躍で
まるで 澤瀉屋ばりでしたね・・・笑)

来月の音羽屋も楽しみ~♪

【 2015/12/17 】 編集
じゅんちゃんさま
逆さ吊りのお岩さんなんて初めてでした〜 i-84
オペラグラス持って行かないからガン見はしなかったけど
あれはSめちゃんだったのかにゃ?(笑)

> 来月の音羽屋も楽しみ~♪

おかげさまで来月も拝見出来ます e-466
手ぬぐい撒きがありますね、ゲット出来るかしら(笑)
【 2015/12/17 】 編集
こちら評判良いようですが、観そこないそうです。
私は、14日は討ち入りの日なのに、お隣で文楽観てました。
【 2015/12/17 】 編集
のの吉さま
ワタシは同日「文楽はもう千穐楽!早いなあ〜」と
お隣に入ったのでありました。
若手もがんばってるみたいですね♪
9月の呂勢さんは調子悪そうでしたが今月はいかがでした?
2月の配役も発表になりましたね。二部は考え中ですが(笑)
三部は絶対行きます!
【 2015/12/18 】 編集
香子さまご観劇の日は、黒衣之助が登場していたのですね〜!
カワイイですね!
私が行った23日は、残念ながら遭遇できませんでした(涙)。

歌舞伎座では、忠臣蔵がらみの狂言が12月にかかることが少なくなりましたよね……。

南座の顔見世では、昨年の「山科閑居」に続いて、今年も「土屋主税」(「松浦の太鼓」と似た話です)が上演されていて、12月らしい雰囲気でした。

今年の観劇納めは南座の顔見世、来年の観劇始めは大阪松竹座です(笑)。
(帰省とUターンの道中を有効活用して……)

来年も、お互い元気にお芝居を楽しめる一年になりますように^^
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
【 2015/12/31 】 編集
anpannaさま
はい、今年は討ち入りの日を狙ったのが功を奏したのか
黒衣之助ちゃんが来てくれました♪
ちなみに1月の黒衣ちゃんはは9日と16日にお出ましのようですよ。
(残念ながら1月は会えないわ〜 i-229

> 今年の観劇納めは南座の顔見世、来年の観劇始めは大阪松竹座です(笑)。

相変わらず道中を有効活用で素晴らしいですね i-179
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします v-428
【 2015/12/31 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する