香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

小町桜を観に

なんか久しぶり…と思ったら
ちょうど一か月ぶりの歌舞伎座でした

151204_103632.jpg 151204_103705.jpg


【十二月大歌舞伎・昼の部】

近松半二 作
一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
  十種香

以前、中村座で拝見していたので
幕が開いて真っ先に「歌舞伎座って広っ!」と思いました。
当然と言えば当然なんですが(笑)
そして7クンの鼻から口元にかけてS翫さんを彷彿させビックリ!
(関扉の小野小町姫の時はそれほどでもなかったんですよ)

そして主要3人より
ブラザーズに掛かる大向こうのが多かったという(笑)

八重垣姫:七之助
武田勝頼:松也
腰元濡衣:児太郎
白須賀六郎:亀寿
原小文治:亀三郎
長尾謙信:市川右近



    151204_121915.jpg
2階ロビーにある「ほうおう」の表紙が飾ってるコーナー。
わぁ〜い、ワタシの好きな龍のヤツ♪



木下順二 作/坂東玉三郎 演出
二、赤い陣羽織(あかいじんばおり)

コタちゃん、訛っているセリフが一本調子なのをのぞけば
ふとした仕草とかF助さんそっくりですねえ。
F助さんだったらもっとどっかんと笑いが取れそうです
ブサ眉毛の似ている者同士をC車さんとM之助さんが好演。
最後のK弥さんが良かったわあ〜
そうそう、馬の演技も必見ですよ。

なんと途中で2階や3階に役者さんが現れて手ぬぐい撒き!
目の前にコタちゃんが来ました〜

お代官;中車
お代官のこぶん:亀寿
女房:児太郎
お代官の奥方:吉弥
おやじ:門之助



三、重戀雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)

これ、必ずどこかで気が遠くなるんですよ。
今回は前半ヤバかったです〜
一度、この前段階のお話も観てみたいなあ。
(あるのかどうかは分かりませんが)
相変わらずS緑さんは頭ちっさいな〜とか思いながら観てました。
Tさまの小町桜の精が黒主の胸ぐら掴んで言うセリフが
おどろおどろしくて良かったです〜
人じゃないTさまってステキ(笑)

関守関兵衛実は大伴黒主:松緑
小野小町姫:七之助
良峯少将宗貞:松也
傾城墨染実は小町桜の精:玉三郎



スポンサーサイト
【 2015/12/04 (Fri) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する