香古箱

ARTICLE PAGE

夏の名残

ようやく残暑も例年通り!? 
それでも一旦単衣にしたら夏物には戻れませんね。
あ、もちろんそれは着物の話、帯は戻しました。
もう暑くて×2、芯のあるのは勘弁なのでした
(よく考えたら夏の染め帯とか持ってないわ…爆)

   150912_112820.jpg

単衣時期のHさんのモノ…と言ったら
この小紋と万筋の江戸小紋しか持ってませんのだ
(縞が苦手と言いつつHさんのは3枚あったよ。ビックリ!)
毎度お馴染みの着姿ですが…

150912_105232縮小 150912_105300.jpg

Hさんの千筋の単衣小紋
萩に流水の絽つづれ
ブルーの濃淡のゼブラ絽縮緬帯揚げ
ライトグレーの三分紐
着物先輩からのいただき物・グリーンの石の帯留め+スワロ帯留め
(前日見た映画に影響されて自分らしく2コ付けにしてみた)
帯飾りはS子さんオリジナル

中身は、プットオンブラにお腹周りだけサラシを巻いて
麻の絽襦袢。暑かったので肌着は省略しました
枚数少なくて着物に汗がしみても
帯以外は全部洗えるのだから平気の平左

150912_erimoto.jpg ちなみに前回 ⇒ 150831_103728.jpg

流水に鮎の半衿ふたたびです
テキトーに付けてたら1cmほど中心がズレたおかげで
いい位置に柄が来ました。今度からこの位置にしよう♪

スポンサーサイト

2 Comments

Tomoko  

秋入梅(あきついり)、ろくに着もせず単衣かな。
じき袷の季節になりますね。
黒い絽綴の帯、ステキ〜♡

2015/09/17 (Thu) 12:26 | EDIT | REPLY |   

香子  

Tomokoさま

今年は袷も早めの出番になりそうですね。
(例年10月上旬までは単衣でしたが…)
帯、お褒めいただきありがとうございま〜す♪
ふふ、光琳水〜 i-178

2015/09/18 (Fri) 10:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment