香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

アラシにハヤシ

台風ですわよ、おくさま。
土砂災害警報が2回も届く中
小降りを見計らい行ってきました能楽堂

    150909_172107.jpg


【平成27年度東京能楽囃子科協議会定式能】

   150909_175434.jpg

舞囃子 花 月(観世流)

大好きなG祥さんのシテで楽しみにしておりました。
魅せますからね(笑)
しかし…I噌さんの調子が悪い? 
ちょっと気がそちらに向かってしまいましたが
いやいや、G祥さん×2と集中。
少年の舞の若々しい事!

シテ:梅若 玄祥
笛:一噌 仙幸 
小鼓:大倉源次郎  
大鼓:亀井 広忠  
地頭:山崎 正道



一 調 歌 占(宝生流)

先の「花月」と同様の親子再会の物語。
あぁ、でも気が遠くなってs…以下略(苦笑)

シテ:前田 晴啓
小鼓:野中 正和



一調一管 雲林院(金剛流)

在原業平を扱ったお話。
K剛さんの謡がキッチリしていて良かったのもありますが
なんといっても太鼓のM島さんが素晴らしかったです。
さすが国宝、力みが無く自然体なのに聴かせる音でした。

シテ:金剛 永謹
笛:寺井久八郎  
太鼓:三島元太郎



狂 言 文 荷(和泉流)

太郎冠者と次郎冠者っていつも主人をバカにしてますね。
それが狂言の胸のすく所なんですが(笑)
オクサンいるのに少年に手紙を出すなんて(当時ではよくある話)
そりゃあバカにされてもしょうがない?(笑)
さすが親子、M作さんとM斎さんのセリフが
同調してブレがない…。

シテ:野村 万作
アド:石田 幸雄 / 野村 萬斎



 富士太鼓 狂乱之楽(喜多流)

子供を連れて都に登った妻は、夫の死を知らされ悲しみ
狂乱の態でその装束を身にまとい、太鼓の役の為に死んだ
夫の仇は太鼓だとして、楽太鼓を仇として楽曲を奏する…
直接の敵ではなく太鼓をその代わりとして悲しみを昇華するんですね。
自分的にはちょっと狂乱が物足りなk…以下略

シテ:香川 靖嗣
子方:友枝 大風
ワキ:宝生 欣哉 
間狂言:高野 和憲 
笛:松田 弘之  
小鼓:曽和 正博  
大鼓:柿原 崇志
後見:塩津 哲生 / 中村 邦生
地頭:友枝 昭世



まだまだ天候不安定で帰りの足があるうちに…と
終演後の反省会は無しでお利口さんで帰途につきました

スポンサーサイト
【 2015/09/09 (Wed) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(2)
出演者の豪華なこと!

せっかくの舞台なのに 天候のせいで空席が目立っていたのは残念でしたね・・・
【 2015/09/12 】 編集
じゅんちゃんさま
なかなかこういうメンバーが揃う事はありませんね。
拝見出来てよかったでした〜☆

いやあ、あの断続的な豪雨の中では
家に籠っているのもありですよ (^-^;;
【 2015/09/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する