香古箱

ARTICLE PAGE

名残の薄物

お昼過ぎに雷雨があった模様。
でも劇場内にいたのでぜんぜん無問題でした

     150904_095843.jpg

出たついで、終演後は途中下車でこちらのギャラリー
開催されている兄弟展へ(入場無料:〜8日17時まで)
(先月のサロンでフライヤーをいただいておりました)

     150904_163253.jpg

それほどスペースは広くないのですが
兄と弟の特長がそれぞれ顕著に出ている作品たちでした。
どちらがいい?と聞かれても困るけど
それぞれどちらも好きだなあ

同じモチーフをいろいろな手法で表現した「鳳舞桐祝文様百趣」
180種あるうちの十数種ということでしたが
それだけでもこんなに多種な技法があるとは
180種を一堂に会したモノが見たくなりました。

猛暑の時には休ませておいた正絹ものを着ました(笑)
今シーズン3回着たので心置きなく悉皆に出せま〜す

150904_093110縮小 150904_093142.jpg

自分仕立ての絽小紋(中はダイロン染めの紫の襦袢着用)
ミッドナイトブルーの紗名古屋 ←今年大活躍でした
白地に麻の葉の帯揚げ
ベリー色の三分紐にモーブ色の帯留め
どんぐりと紅葉の根付 ←紅葉狩りに合わせて


昨年は10日まで透け物(長襦袢は濃い色)を引っぱっていたけど
今年はもう透け物も薄物もお終いにしようかと思います。
(次回着る時はまた雨の予報ですし…)

スポンサーサイト

4 Comments

神奈川絵美  

こんにちは! お着物が薄紫に見えるのは、
お襦袢がほんのり透けているからなのですね。
優しげでいいですねぇ。
そして、ちょい濃いめの小物は
やっぱり、秋らしさプラスですよね。

ホント、ずーっとお天気良くなさそうですものね。
私ももう、薄物はしまおう・・・。

下の記事も拝読しました。
夏の間、歌舞伎とは無縁で。。。
双蝶々曲輪日記をご覧になったのですね。
文楽の方(引窓の場の蓑助さんとか)を思い出しました。

2015/09/06 (Sun) 11:27 | EDIT | REPLY |   

香子  

神奈川絵美さま

いえいえ、この絽小紋自体に薄紫の一色を掛けております。
中に濃い色を着るとちょっと紫が深まる気がします。
ふふ、自己満ですけどね i-235
秋色ですぐ思いつくベージュや茶系は苦手の部類なので
ベリー系や紫系で秋の拵えをしてます。

今月は文楽もありますね。
「妹背山婦女庭訓」楽しみです〜 i-178

2015/09/06 (Sun) 16:14 | EDIT | REPLY |   

Tomoko  

あの日、私も表参道へ寄るつもりでしたが
銀座で降り出した雨の中帰路につけばこちらは晴れ晴れじゃんよ!って日でした。
ギャラリー5610、最終日の昨日行ってきました。
あまりのスゴ技にルーペで見てはため息いっぱいこぼしてきました。笑

2015/09/09 (Wed) 09:24 | EDIT | REPLY |   

香子  

Tomokoさま

あら、ゲリラ豪雨に遭われちゃったんですね!
大変でしたね〜、濡れませんでしたか?

> あまりのスゴ技にルーペで見てはため息いっぱいこぼしてきました。笑

点数は多くなかったですが技のスゴさに目がまん丸! i-84
ワタシもいっぱいため息振りまいて来ました(爆)

2015/09/09 (Wed) 14:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment