香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

名残の透け物

8月最終日ですもの
気温が高くなくたって薄物着ちゃいます

     150831_110756.jpg

義母箪笥を受け継いでからずいぶん経つのに
今まで裄も袖丈もそのままで着ていた蚊絣の生絹。
お出かけの無い雨の日にちまっと直しておりました
ふふ、襦袢の袖を気にしないで着られるわ~♪


150831_103659縮小 150831_103715.jpg

義祖母の柳の裏葉色の生絹
義祖母のミッドナイトブルーの紗名古屋帯
グレーボーダーの絽縮緬の帯揚げ
モスグリーンの三分紐にS子さん帯留め
挿し色に赤い華鯉の根付

   150831_103728.jpg

半衿も前回と同じ流水に鮎~
(この間も汗かかなかったからね…笑)
スポンサーサイト
【 2015/09/01 (Tue) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(4)
しっとりとした雰囲気もなかなか~。
義母さま、義祖母さま、着物好きの家系だった
のでしょうか。素敵!
【 2015/09/04 】 編集
また打ち合わせなしなのに 蚊絣シスターズでしたね?(笑)
【 2015/09/04 】 編集
sognoさま
戦争中戦後を過ごして来た方たちなので着物の数は少ないです。
(ご多分に漏れず食料になってしまったんでしょう)
義祖母も乳母日傘で育った方らしいので
昔はそれなりに着物はお持ちだったんじゃないかなあ。
残ってたらそりゃあスゴい事だったんでしょうけどね i-229
【 2015/09/04 】 編集
じゅんちゃんさま
お互いお譲りモノでしたから似てちゃいますね〜(笑)
【 2015/09/04 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する