香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

龍舞青雲

そろそろ歌舞伎座も千穐楽に近づいてきて
ようやく一部二部を通しで観て来ました。
(こちらは発売と同時にゲットしていた)


【八月納涼歌舞伎】
<第一部>
一、おちくぼ物語(おちくぼものがたり)

平安時代版シンデレラ。歌舞伎では初見ですが
ン十年前に山岸凉子さんのコミカライズで読んでまして…
私の中では山岸先生のマンガそのまんまのイメージが
脳内に焼き付いております。
わ〜い、ほぼ理想通りでした〜
(でも、できれば右近の少将はSめちゃんで観たかった。
 そして典薬助はもっと下卑た感じがベストだなあ )


主役の美男美女のイチャイチャはテキトーにおいといて
脇役のキャラたちの活躍が楽しみでありました。
阿漕・帯刀夫婦はいわずもがな、兵部少輔、典薬助
そしてラスボス北の方(笑)
みなさんいい味出してました♪
あ、Y十さんの笛も聴かせていただきましたよ〜

おちくぼの君:七之助
左近少将:隼 人
帯刀:巳之助
阿漕:新 悟
牛飼の童三郎:国 生
兵部少輔:宗之助
典薬助:亀 蔵
北の方:高麗蔵
源中納言:彌十郎



十世坂東三津五郎に捧ぐ
二、棒しばり(ぼうしばり)


思い出すのはK三郎さんが亡くなった後の
納涼での32五郎さんとK九郎クンの「棒しばり」。
あの時、32五郎さんの踊りに精彩が無いなあ…なんて思ってたら
すぐの闘病生活、そして今年はもういらっしゃらないという…
それを思うと今年のせがれ2人による「棒しばり」も感慨深いです。
でも途中、気が遠k…ゲフンゲフン…以下略

今月から写真売り場が1Fになりましたが
ご覧になられた方はいらっしゃいますでしょうか?
K九郎クンとミックンが笑い合ってる一枚(No.38)
二人ともいい顔してましたよ

次郎冠者:勘九郎
太郎冠者:巳之助
曽根松兵衛:彌十郎


     :

二部まで通しなのでロビーに居残り。
(実は「檜」でコーヒーをと思ったのですが、自販機のモノで我慢して
 そのぶんを筋書きに回しました。今回買う気はなかったんですけど
 表紙の絵が良くてジャケ買いですw 「龍舞青雲」はこの絵のタイトルから)


150827_124244.jpg ←龍と雲の色の対比が好みだったんだもの♪
2Fロビーの展示。過去の筋書きの表紙「美香月」 ⇒ 150826_141123.jpg

     :

<第二部>
一、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
  逆櫓

権四郎とおよしとお筆の3人の場面がとてもとても良くて。
取り違えられた2人の子のその後の違いがね〜
片や自分の子(孫)と同様に愛情込めて育てられ
もう一方は若君の身替わりですでに殺されていて…。
立場(身分)の違う双方の気持ちがヒシヒシと感じられて
中でも全体通してY十さんの権四郎がすっごく良かったです。

船頭松右衛門実は樋口次郎兼光:橋之助
畠山重忠:勘九郎
女房およし:児太郎
船頭日吉丸又六:国 生
同 明神丸富蔵:宜 生
同 灘芳九郎作:鶴 松
漁師権四郎:彌十郎
お筆:扇 雀



銘作左小刀
二、京人形(きょうにんぎょう)


以前、O瀉屋のU近さんで観ましたが
あの時はズラ〜ッと並んだ人形が壮観だった記憶が…。
今回はノーマルかな(笑)
シュっとしてスタイルがいいK九郎クンだから
職人と言うよりやっぱ侍が似合うなあ〜なんて
踊ってる後ろ姿を見ながら思ったり思わなかったり

井筒姫が出てくるのが唐突だったので、
次回は前段階からを観てみたいと思いました。

左甚五郎:勘九郎
女房おとく:新 悟
娘おみつ実は井筒姫:鶴 松
奴照平:隼 人
京人形の精:七之助
スポンサーサイト
【 2015/08/26 (Wed) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(2)
筋書、私も買いました〜。
23日に行ったら、ちょうど舞台写真入りバージョンに差し代わっていました^ ^
表紙絵の「龍舞青雲」、とても緻密で繊細な線で描かれていて、素敵ですよね。

「逆櫓」は、私も好きな演目の一つです^ ^
孫が死んだことを聞かされた権四郎が、衝立に貼られた大津絵の「外法(げほう)の梯子剃り」を引き合いに出して嘆く場面は、いつも涙が出ます。
【 2015/08/29 】 編集
anpannaさま
今回の表紙、緻密な線といい色といい好みでした i-179
たまにはジャケ買いもいいですね〜♪
(No.38の写真が入ってるといいなと淡い期待もあったんですが)

> 「逆櫓」は、私も好きな演目の一つです^ ^

今回、樋口のセリフ以外(笑)は一言一言が耳に届いて
内容が細やかに理解出来ましたのでね。
それにしても今が封建時代じゃ無くて良かったといつも思います。
お主の為なんてやなこった(爆)
【 2015/08/29 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する