香古箱

ARTICLE PAGE

実家にて1

帰省した当日は盆の入り。
盆棚作りをいたします。
(しかし、夜通し車で移動のワタシたちは使い物にならず…苦笑)

故郷では14日が墓参りの日。

     150814_092329.jpg
      菩提寺に咲く蓮

東京のようにお寺さんでお線香を売っている訳ではないので
お花やお線香は家から用意して行きます。
おふかし(お赤飯もしくはお茶を混ぜたご飯)、駄菓子も墓前に供えます。

自然石の片面を削った実家の墓。
いつも話に出てくる実家の紋「庵に木瓜」

    150814_093102.jpg

このお墓の後ろには昔の墓所から移動した墓石もあり
その中には没年が文久元年の文字も見えます。
(文久じゃ新しいね。確認しなかったけどもっと古いのもあったかも)
この後、母の実家の墓所もお参りし帰宅。

その後、親戚回りをして気仙沼へ〜

150814_124005.jpg 150814_131705.jpg

いつもの魚市場で…ランチはバクダン丼
(イカ・タコ・ヅケ・イクラ・とろろ芋のブツ切りに大葉・ネギ・ゴマを散らして)
デザートにフカヒレソフトをいただいて…余は満足じゃ(笑)
スポンサーサイト

6 Comments

じゅんちゃん  

妹が盆棚の材料が揃えられなくなったから もう今年で最後かもしれないと嘆いておりました。
12日に花市が立ち、そこでお盆の花や墓所に花を活ける竹筒、盆棚の材料を買うのですが(郷里では13日に迎え盆をいたします。) もう市そのものが立たなくなっているし、繁華街にある頼みの綱であった老舗青果店が代替わりして盆棚の材料は取り扱わなくなったのこと・・・
皆さまスーパーで花だけは調達するのでしょう・・・
ご時世ですねw

今、昭和世代の子供である私たちが自己満足しても その後の墓守はどうするのか・・・

せめて伝えたいですよね?
 

2015/08/18 (Tue) 00:46 | EDIT | REPLY |   

香子  

じゅんちゃんさま

実家の方は飾り物で特別なものは無く
強いて言えば新しい畳表のゴザと両脇に垂らす昆布かなあ。
天盛りにするお供え(フルーツや菓子)は共通だと思う。
なのでまだまだ近所のスーパーで賄えてます。

ワタシはダメダメだけど
兄嫁さんがちゃんとやってくれてるから安心 (^-^)v
ただ、子ども世代になると…ウチの子たちじゃ不安だ。。。

2015/08/18 (Tue) 10:35 | EDIT | REPLY |   

sogno  

実家でのお盆の様子、しみじみと読ませて頂きました。
同じ岩手ということもあり、プチホームシックに・・・
お盆にこちらにいると、なんだか違和感があって、その
キモチは40年以上経っても変わらない、というのが不思議です。

気仙沼は元気でしたか?
どれくらい復興しているのだろうかとふと思いました。

2015/08/18 (Tue) 17:58 | EDIT | REPLY |   

香子  

sognoさま

初盆でしたものね、行かれたかったでしょう。
どうにも遠いのがネックですね。
(もっと遠かったら飛行機が使えて早いのに…)
ウチの相方はいつも「お盆を外して行けば」と言うんですが
この時期じゃないとあの人この人お休みじゃないし
お盆ってやっぱり特別なんですよね。

> 気仙沼は元気でしたか?

前からある所はそれなりの風情でしたけど
流された所はまだまだ嵩上げしている最中でした。

2015/08/19 (Wed) 09:33 | EDIT | REPLY |   

櫻子  

今年は4月5月が忙しかったので墓参りにまだ行ってない。
遅くなるとめんどくさくなっちゃうなぁ〜
どうすっかなーーー(-∀-`; )

2015/08/23 (Sun) 18:27 | EDIT | REPLY |   

香子  

櫻子さま

秋のお彼岸とか?
シルバーウイークも混みそうだねい i-229
暑くもなく寒くもない頃ひとっ走り行ってらっしゃいませ☆
(新幹線もいいよね)

2015/08/24 (Mon) 09:32 | EDIT | REPLY |   

Post a comment