香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

H27,7〜8月の本

夏の間はちょっと無理すると目がしんどくなるので
あまり読書は進んでいません。
(特に7月は充血・目やに等頻繁でしたので…)

     150729_080738.jpg
    7月当時の我が家の朝顔


★『石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常』 by 北大路公子
 待ってました! ケメちゃん先生の新作!!
 とは言っても「小説すばる」に連載されてたエッセイを
 まとめたものですけどね。
 (「小説すばる」は毎回チェックしてココだけ読んでた…笑)


『枕もとに靴 ああ無情の泥酔日記』 by 北大路公子
 ケメちゃん先生の新刊を読んだら初期作品も読みたくなり
 本だなから引っぱり出しての再読。
 妄想と現実の怠惰な生活との絡み合いというかなんと言うか
 ケメちゃん先生は変わらないなあ〜(笑)


★『ときぐすり』 by 畠中 恵
 「まんまこと」シリーズの文庫の最新刊。
 前回、お寿ずちゃんと赤ちゃんを亡くした麻之助が
 今回少しずつ立ち直って行く様子が書かれています。
 うん、やはり時は薬なんだなあ…と。


『今日も盆踊り』 小野和哉・かとうちあき
 感想については8月13日のブログにて…。
 涼しくなったとはいえ、まだまだ都内でも
 盆踊りのチャンスはあるらしいですよ


『日本史にみる 女の愛と生き方』 by  永井路子
 美女や賢女、愚妻や強女など多岐に渡って
 歴史に登場する人物(中には無名の妻も)
 歯に衣着せぬ言葉でバッサリ切ってます。


現在進行形は「和泉式部日記」と「アニバーサリー」の文庫本。


※ ★マークは購入したもの。7〜8月読んだコミックスは『大奥(12)』
 『昭和元禄落語心中(8)』『鬼灯の冷徹(19)』
スポンサーサイト
【 2015/08/31 (Mon) 】 本箱 | TB(-) | CM(4)
いやあ、それでもその読書量はたいしたものだと思います。
私なんて・・・(苦笑)
和泉式部日記、面白そうと思いながらいまだ手が出せずにおります〜。
【 2015/09/01 】 編集
夏目漱石の「それから」・・・
もう読みながらイライラしちゃってさぁ、なかなか進まなかったよ。(爆)
【 2015/09/02 】 編集
Tomokoさま
いやいや、かる〜い物ばっかりでしたから(笑)
和泉式部は原文(↓こんなの)を読みつつ
http://sankouan.sub.jp/izumisikibunikki-genbun.htm
飽きたら口語訳を読んだりと、なかなか進まず i-229
でも回りから愛された和泉式部の人柄をすくい取れたらいいなあと。
(この後、ネクラな紫式部が待っておりまする…笑)
【 2015/09/02 】 編集
じゅんちゃんさま
あ〜、主人公がウジウジしてるのでしたよね?
そういうのイィ〜!ってなりそうなので除けときます(笑)
【 2015/09/02 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する