香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

よろよろよろぼし…

椿山荘で目の保養をした後は
楽しみにしていた*コチラ*を拝見して来ました。

   150610_170640.jpg

中正面の自由席だったので
ちょっと早めに行って席取り〜席取り〜


【東京能楽囃子科協議会定式能 6月夜能】

舞囃子(観世流) 養 老 水波之伝

“シテの山神が現れて「神、仏と呼び変えるのは
水と波と呼び変えてるだけだ…」と宣言します”
とパンフに説明書きがありました。
その昔、日本の神は水を依り代にしていたからって事に
関係してるんでしょうかね?

シテ:観世清和
笛:寺井宏明  
小鼓:観世新九郎
大鼓:安福光雄  
太鼓:小寺佐七  
地頭:角寬次朗
地謡:坂口貴信、清水義也、上田公威、中島志津夫



一 調(喜多流) 女郎花

聴いてるとなにやらおどろおどろしい謡でしたが
装束を付けたものを観たいとちょっと思いました。

シテ:粟谷明生
小鼓:亀井俊一



狂 言(大藏流) 音曲聟

最近、Y本さんちづいてる気がします。
(若い世代がわらわらと…
同じ大蔵流でもS山さんちとはホントに違いますよね。
見比べてみたい気がします

シテ/舅:山本東次郎
アド/聟:山本泰太郎  
  /太郎冠者:山本凛太郎  
  /何某:山本則孝
地謡:山本則俊、山本則秀、山本修三郎
後見:若松 隆



(宝生流) 弱法師 双調之舞

能面は目の部分の穴から見るので視界が狭いんですが
この弱法師(盲目)の面は普通の面より視界が広いそうです。
なんかそういうのって考えさせられますよね。

盲目の為に親に捨てられる俊徳丸(本来ならグレちゃうぞ
数年後に四天王寺で舞を舞います。
当時は乞食でも舞の奉納は許されてたようで
お陰で子捨ての悔恨から施しをしていた父が
実子を見つけられる事になるんだけど。
信心すれば目が見えるようになる…なんて巧い事にはならず
(この間の歌舞伎とは180度違う…苦笑)
ガックリするけどお父さんが探し当ててくれて良かったね的な?

怨霊が出てくるいつもの能と違い、これは生きてる人のみ。
「隅田川」とおなじ元雅クンの作品であります。
やはり当時の現代劇的な感じでありますね。

シテ/俊徳丸:宝生和英
ワキ/高安道俊:宝生閑 
間狂言:山本則重 
笛 :一噌庸二  
小鼓:幸清次郎  
大鼓:亀井忠雄
後見:髙橋章、山内崇生
地頭:武田孝史
地謡:高橋憲正、和久荘太郎、小倉伸二郎、小倉健太郎
   金井雄資、朝倉俊樹、辰巳満次郎


     :

終演後はお約束の居酒屋反省会です

150610_212045.jpg 150610_213447.jpg

ビールが美味しい季節ですよねえ
スポンサーサイト
【 2015/06/13 (Sat) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(2)
いや~、席取りかたじけないw

観客層が 謡や囃子をお稽古なさっている方々と思しく
ちょっとアウェイ感がありましたね。(苦笑)
【 2015/06/13 】 編集
じゅんちゃんさま
いやいや、とんでもない。
時間が十分ありましたから〜 i-179

> 観客層が

でもしっかり居眠りしてる方とかもいらっしゃいましたよ(笑)
端で貧乏揺すりをして椅子全体が揺れるのにはビックリでしたけど
いい目覚ましになりましたし(爆)
【 2015/06/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する