香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

卯月のサロン

サロンも新天地に移って1年経ちました。
再びの新学期です

150416_152319.jpg 20150416_sennseiobi.jpg

S島先生は、江戸小紋(かな?)
寄木細工を織り込んだ帯だそうです。
(帯の写真はRさんより。ありがとうございます)


今回の心に響いた名言は…

「赤い帯は大島などに合わせれば(派手になったからと言わず)
 いくつになっても締められるものよ」
「羽織の乳の位置は、肩の力のバランスで決まるの。
 見た目がちょうど良い(帯揚げと帯締めの中間)
 羽織が肩から外れる場合もある」


なるほどなあ…と、ひとしきり皆さんと感嘆しました

     :

帰りに教室の控えの間をパチリ

   150416_152345.jpg

薄羽織や単衣羽織の季節ですねえ

     :

ワタシはといえば…

150416_121806縮小 150416_121850.jpg

グレーの染め大島にポピー帯
小物回りは各種グリーンで

150416_121840.jpg 150421_095559.jpg

朝から忙しくしてて半衿を付けなかったので
(元々襦袢に付いてる塩瀬のまま)
リボンタイを伊達衿代わりに使ってみました。
スポンサーサイト
【 2015/04/20 (Mon) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(2)
>リボンタイを伊達衿代わりに使ってみました。
ナイス〜♪
【 2015/04/21 】 編集
Tomokoさま
あざ〜っす i-278
ブツの画像も載せてみました。
【 2015/04/21 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する