香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

H27,2月の本

いつにもまして2月は駆け足で過ぎ去りました。

頑張ってる割に体脂肪は相変わらず30%超え…
現状維持と言う事なのか?

3月3日のいつもの梅 ⇒ 150303_134456.jpg


『坂本龍馬を斬った男』 by 今井幸彦
 坂本龍馬暗殺に関して、真犯人とされる京都見廻組・
 今井信郎の子孫に当たる方が書いた本。
 今井家の口伝から紐解いており、なかなかに真実味があります。


『人間、やっぱり情でんなぁ』 by 竹本住大夫
 引退直後(?)の住大夫さんへの聞き語り。
 やっぱり住大夫さんが床にいらっしゃらないと寂しい!
 後に続く若手の皆さん、がんばってください!!


『女帝と道鏡 天平末葉の政治と文化』 by 北山茂夫
 作者の推理も含めた歴史検証本…かな?
 学校で教える日本史ではわりとサラっと進んじゃう所ですよね。
 仲麻呂の政治力とか道鏡がやった事とか、さらに桓武の時代まで書いて
 後始末を付けた…みたいなところですかね。
 以前観た『大仏開眼』のドラマを思い出しながら読んでました。


★『陰陽師 酔月ノ巻』 by 夢枕 獏
 待ちに待った文庫版の新刊です。
 今回は半分くらいは道満さまの活躍かな


『にほんとニッポン 読みとばし日本文化譜』 by 松岡正剛
 通り一遍の日本史という訳じゃなく、いろんな視点から
 教科書では触れない一口メモ的な段落まで入っていました。
 平行して『女帝と道鏡』を読んでいたので、答え合わせさながらで
 こちらの方が進度が早かったのでこんがらがったりも
 あ、おかげさまで「ワビ・サビ」の意味が少し理解出来ました。

*「百代の過客(ひゃくだいのかきゃく)』『文人墨客(ぶんじんぼっきゃく)』と
 ルビが振ってありましたが、ワタシ的には(はくたいのかかく)(ぶんじんぼっかく)と
 漢音読みにしてほしかったかも
 ルビといえば源頼義に(みなもとのよしいえ)って…校正さん、がんばれ!
 …と、つい在職中のクセが出てしまうワタシを許して



※ ★マークは購入したもの。今月購入したコミックスは『チェーザレ11』『鬼灯の冷徹 17』
スポンサーサイト
【 2015/03/07 (Sat) 】 本箱 | TB(-) | CM(6)
やはり、どうしても正剛さんの本が気になります。
「百代の過客」、あれれ、私はどう読んだっけ??
冒頭の文がとても好きなの。
【 2015/03/07 】 編集
ん?
チェーザレ予約ね!(笑)
【 2015/03/07 】 編集
sognoさま
正剛さん、面白いですよ。
日本史の教科書には絶対出て来ないであろう雑文が書いてあり
この時代はこういう感じだったのかと一段深く知る事が出来ます。
学校の先生じゃこうはいかない(笑)
芭蕉の「奥の細道」は中学の古文で習いましたねえ。
その部分を暗誦させられたんで覚えてました。
呉音読みの(きゃく)でも間違いではないんですが i-229
【 2015/03/08 】 編集
じゅんちゃんさま
種々ご返却の時にお持ちいたしまする〜 v-428
【 2015/03/08 】 編集
エテクシと体型があまり変わらないようにお見受けしますのに
体脂肪率はだいぶ違うのでビクーリしておりまする

どっちかの家の体重計が壊れてるのでしょうか????
【 2015/03/08 】 編集
ziziさま
それはね「年」なのだよ、ワトソン君(苦笑)
いくら20代の時と体重が同じでも組成が違ってるんです。
体脂肪が増えて筋肉量は減っているんですの。
だから年とともに身体がプニプニになってくるんですよ i-182
うう、なんとか体脂肪を減らして筋肉量を増やしたい!
【 2015/03/09 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する