香古箱

ARTICLE PAGE

追善能楽会

さてさて、日本橋から千駄ヶ谷へ移動だがや

あれは春の終わりだったか夏のはじまりだったか
J姐さんから「こういうのあるけど」と
教えられたのが今回の追善能。
なにしろメンツが豪華なんですよ!
【藤田大五郎 七回忌追善会】

<金春流>
仕舞「実 盛」本田光洋
仕舞「誓願寺」櫻間金記
仕舞「 融 」金春安明

<観世流>
舞囃子「二人静」梅若玄祥 梅若万三郎 
 笛 藤田朝太郎 小鼓 亀井俊一 大鼓 安福建雄

<喜多流>
仕舞「忠 度」友枝昭世

<宝生流>
仕舞「鵜之段」三川泉
仕舞「船弁慶」宝生和英
素謡「弱法師」近藤乾之助

<金剛流>
仕舞「藤 戸」金剛永謹

<和泉流>
狂言「茶 壺」野村萬 野村万作 三宅右近

<観世流>
能「猩々乱 置壺 双之舞
 観世清河寿 観世銕之丞 宝生閑
 笛 藤田朝太郎 小鼓 幸清次郎 大鼓 亀井忠雄 太鼓 金春惣右衛門


ね、各流派の中心メンバーが出演されてて
(中には青い方もいらっさいましたがw)
もう観る方はウハウハでござりまするがな
(ですが、そのおかげさまでチケ代が途方も無く
 お手軽だけど見づらい中正面などは空席がチラホラあった事は否めません)

それでも、なかなか能楽堂に行けないワタシには
夢のようなメンバーでございました。ありがたや×2
よく「謡宝生舞金剛」と言われますが、ワタシには違いが分かる訳も無く
その二つに加え宗家の観世も喜多も金春もみんな観られて良かったな…と。
さらに萬さん、万作さんに右近さんも加わった狂言も観られてよかった♪
(右近さん好き〜☆)
そして施主のA太郎さんは全然眼中になかったという…ごめんなさい

姐さんからオミヤ ⇒ 141112_001844.jpg
ありがとうございま〜っす
スポンサーサイト

3 Comments

じゅんちゃん  

No title

ね、チケットの販売からして 施主の力量のなさが推し量られたという・・・(苦笑)

ま、このように各流派の重鎮が勢揃いなさったのは先代のお人柄だったのでしょう。

2014/11/15 (Sat) 00:45 | EDIT | REPLY |   

じゅんちゃん  

No title

A太郎さん御本人から 「そちら様はどのお席でしたっけ?」という電話があったのはナイショだ。(失笑)

2014/11/15 (Sat) 00:48 | EDIT | REPLY |   

香子  

じゅんちゃんさま

や〜、主催者よりも出演者に目がくらんで
チケットを取ったようなモノですからねえ(笑)
それも電話連絡したら当人が受け付けてくださるという i-229

あ、ワタシも申し込んですぐ折り返しのお電話いただき
「こっちの方がいい席だから…」と変えて下さいましたわ i-278

2014/11/15 (Sat) 11:57 | EDIT | REPLY |   

Post a comment