香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

続・上布デビュー

京都の方ではコンチキチンの真っ最中のようです。
Kなこさんから山鉾の画像が届きました

 201407171351251.jpg 201407171110432.jpg
    あざ〜〜っす

      :

S島先生は、そんな京都 に前日までいらしてたそうで…
はい、久しぶりのサロンでした〜

   140717_152840.jpg

今回は襦袢についての一考察などなど。
麻、紗、絽とその時々の年代によって着て着たけれど
(70代半ばになると)正絹の絽が軽くて身体に添っていいわね…とのこと。
麻の着物に麻の襦袢だと武張ってふっくら見えるのよ…と、確かに(笑)
でも脱いだ後すぐ洗えるのは麻ならではですよねえ

漫画好きの方へ、サービスショット ⇒ 140718_085454.jpg
今回いただいた新日屋さんのかわら版ですが
この提灯、某キャラに似てませんか〜(笑)


     :

今回画像は少ないですが…

お隣の席だったHさん
140717_153108.jpg 140717_153128.jpg
有松絞りの綿麻着物に墨跡で「水」という字が書いてある麻の八寸。
なんと帯留めは「鮎」…水に泳いでる鮎ですよね! 
5月お求めだった帯留め、そのうち拝見させて下さいね〜。


20140717-さろんyukikoさんと 20140717-サロン
お譲りの絹芭蕉(?)と丈の足りない上布を帯にしてお召しのy子さんと。
(Rさん、 ありがとう)
ワタシのはy子さんから譲られたy子さんのお祖父さまの上布を使った物。
“ 見せる接ぎ ”にS島先生はじめ皆さまにも驚かれ褒めていただきました。
おかげさまです、ありがとうございました m(__)m


↑もう1つの上布デビューのワタシ。
1月に完成して全体像をお見せしておりませんでしたが
ようやくこうしてお披露目する事が出来ました。
製作の様子はザックリですが コチラコチラで。

        :

一応、詳細をば…

140717_121334縮小 140717_160442.jpg 140718_145109.jpg

“ 見せる接ぎ ”の熨斗目に接いだ上布
織の市松柄八寸
そしてウチの子の全体像(笑)
(U屋さんで取り扱っていたこちらの和紙と漆を使った張り子のバッグです。
 岩手の地場産業として制作している作家さんと言う事もあり求めた次第。
 ずいぶんと早めの今年の自誕プレ(笑) もう何も買いません、キリッ! )


140717_091052.jpg 140717_121346.jpg

半衿はヘビロテの極薄〜いグリーンの麻の絽(一番左)
いつものトンボの帯揚げとそれとセットだった夏用の帯締め
帯飾りはSロン・ド・ハピネスさんの
(先月末近くのデパートにいらしてたのだ)

夏用の半衿もいろいろ持ってますが(画像は一部)
アラフィフくらいから真っ白がしっくりきませんで
生成りや浅葱色などの出番が多くなりました
今夏は特にこの極薄いグリーンがお気に入りです。

キティちゃんのお饅頭いただきました ⇒ 140717_173748.jpg
y子さん、ありがとうございます m(__)m
ビールとともに美味しくいただきました(笑)

スポンサーサイト
【 2014/07/18 (Fri) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(14)
“ 見せる接ぎ ”
イイネ! です。v-238
【 2014/07/19 】 編集
先生の講座も皆さんますますパワーアップされてる感じで、見応えありますね。

見せる継仕立て、私の場合は紋を消す代わりに肩の部分を別の布にした着物があります。
もちろん自分じゃできない。
なんでも自由自在の香子さん、ステキ!
【 2014/07/19 】 編集
じゅんちゃんさま
もったいぶって済みません i-201
これも一つの作品なので完成の全体は伏せてました i-236
【 2014/07/19 】 編集
しいら圭さま
ありがとうございます。
他にもいろいろステキな方はいらしたのですが
なにしろ2ヶ月振りだったので画像はちょこっと(笑)

> 紋を消す代わりに肩の部分を別の布にした着物があります。

おぉ、なるほどね〜♪
じつは着尺を羽織にした物があって、白生地が残ってるんです。
それをどうにか着物にしようと企んでますのん i-236
【 2014/07/19 】 編集
いや~技術があれば、ホントにいろいろ生かせるんですね(尊敬!)
自分なんぞは余り布を頂いてもそのままなのが情けない~

祇園祭、今年は昔ながらの祭りを復活させたということで
来週も後祭の巡行があります。
鉾を建ててから巡行までの期間、
その周辺では和のお店が大バーゲン状態です。
皆様ぜひぜひいらっしゃいませ。
【 2014/07/19 】 編集
やっと全体像が公開、アッパレ!です。
こういうコトだったんですね。
センセイも感心されたことでしょう。

バッグも気になります。素敵♪
【 2014/07/19 】 編集
かなこさま
画像ありがとうございました〜。
こういう混んでる時は近づかない…という(笑)
人混み苦手なんですよ〜(なのでバーゲンもイマイチ i-195
それより何より、もう年内のお買い物は出来ませ〜ん(苦笑)
【 2014/07/19 】 編集
sognoさま
ありがとうございます。
ようやくお披露目出来ました i-179

バッグ…ちょっとファンシーなので迷ったんですが
岩手県と言う事でキヨブタいたしましたの。
どんどん連れて歩こうと思います♪
【 2014/07/19 】 編集
へぇ〜、こうなったのね。ステキステキ!
この接ぎ方なら、柄物が入っても面白いね。
袖も違う色にしたりして遊べそう♪
接ぎ布ありきだけどぉ(笑)
【 2014/07/19 】 編集
櫻子さま
お、チャット状態?(笑)

へへ、じつは接ぎ目にイエローオーカーっぽい色も入れようと
ダイロンも買ってあったんです(白の方を10cm幅で染めようと)
白→茶→焦げ茶のグラにするともっといいな〜と。。。
でも接ぐのが多くなるから止めちゃった(笑)
すぐ易きに流れるB型です(爆)
【 2014/07/19 】 編集
お祖父ちゃんと言えば、夏の夕方、着物でお相撲テレビで見てた姿が浮かぶんですが、実家の蔵の男物の引き出しから出てきたものの、よくよく考えたら、祖父のかどうか、もしかしたらもっと前の代の可能性もあり、いったい何年前のやら・・・そんな傷みの激しいシロモノをこんなに素敵にリメイクしていただいて!! 実は私より小柄で華奢な香子さんならチョロッと直せば着用可かと単純に考えた浅はかな私でございました。お譲りして大正解!惜しげなく着倒してくださいね(^_-)-☆ 
【 2014/07/20 】 編集
yukikoさま
その節はありがとうございました。
いただいてから数年寝かしてしまい申し訳ない m(__)m
ようやく自分の手がここまで出来るようになりましたよ。
なるべく支出を抑えての制作でしたので合わせた白が残念でしたし
裏衿を付けない棒衿にしたのがまた惜しいかなあ…でした(笑)
更に精進しま〜す v-422
【 2014/07/20 】 編集
香子さま
「見せる接ぎ」カッコイイ!しかも色が大胆♪
いつか実物を拝見したいものです〜。
【 2014/07/20 】 編集
朋百香さま
ありがとうございます〜。
ご都合があえば着用してどこでも参上いたしますよ〜 v-422
【 2014/07/21 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する