香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ドカ〜雪〜*

梅雨の中休みとなった日
楽しみにしていたコチラを見てきました。

※タイトルはRミオロメンの「こな〜ゆき〜♪」から

140610_130803.jpg 140610_130815.jpg

渋谷・コクーン歌舞伎第十四弾
【三人吉三】

K三郎さんの和尚、F助さんのお嬢、H之助さんのお坊を観ているので
若手がどういう風に演じるかが楽しみでありました。
初っぱなから「あ、変えた!」と思わせる演出でした。

第一弾から第二弾へもマイナーチェンジしてましたが
今回は演者が変わった事もあり、更にいろいろと変えてましたね。
(そしてますます歌舞伎から遠ざかりストレートプレイ風味が…
たぶん「進化」なんだと思う

一番印象に残ってる変わった(?)所はここかな…
(ネタバレになるので敢えてどこかは言いますまい…笑)



この動画は第一弾の方ですが、
ここのある場面は普通に掛かる歌舞伎でもほぼ同じなんですね。
それが「あれ? それでいいの?」って感じは否めませんでした

いやいや、しかし
お嬢とお坊の八つ橋セットでの立ち回りはスピード感あって楽しそうだし
捕り手との絡みが増えてるし、最後のドカ雪はいつも通りだなとか…etc.
そして×2、一番肝心な事!
若さがはち切れんばかりの瑞々しい三人だった事をここにご報告します


こういう記事も出ておりました、ご参考までに

     :

     :

観劇後、PARCO part1へ

出産前(まだサラリーマンだった頃)担当していた作家さんの原画展があったんです。
ひゃあ〜、原画に掛かっているトレペに残ってる文字はワタシのだ
一気に当時にタイムスリップした感覚でした(嬉しいなあ)
先生は在廊されていませんでしたが、
しっかりアンケートにご挨拶文を書いて置いてきました。
とても×2、懐かしかったです

スポンサーサイト
【 2014/06/11 (Wed) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(2)
こんにちは! 先日はご一緒できて嬉しかったです☆
以前の動画を観て、(筋でどこが違うかは…今一つ自信がなく、また
わかってもここには書かない方がいいのでしょうけれど)、うわー、
先日観たのはおっしゃる通り、「ストレートプレイ色」が濃いのね、と
再確認しちゃいました。音楽がまず、違いますものね。私、舞台袖の
法被着てパーカッション叩いていたお兄ちゃんが密かなお気に入りでした(笑)。

原画展の方、リンク先を少し見ましたが、とても有名な先生なのでは・・・。
ご縁ある方がずっとそのお仕事をされていて、大きくなるのって、
嬉しいものですよね。
【 2014/06/13 】 編集
神奈川絵美さま
先日はありがとうございました、楽しかったで〜す♪

> (筋でどこが違うかは…今一つ自信がなく、

はい、筋というかある動作ですかね。
その後のセリフと繋がるのですが、
あれだとちょっと繋がらなくなるかな…と i-229

コクーンは回数重ねるごとにストレートプレイ色の比重が
増えてきました。音楽や現代劇の役者さんが多くなってるのも
そう感じる要因なんでしょう i-179
絵美さんお気に入りの伝吉内の夜鷹のやりとりの場面
http://www.youtube.com/watch?v=6oV1AzP7fw8
1弾目はなんとS童クンもやってたんですよ〜(笑)

> 原画展の方、

昔々お仕事させていただいた先生方は、皆さん巨匠になられちゃって
少しでも関わらせていただいたって事が嬉しいですねえ(笑)
【 2014/06/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する