香古箱

ARTICLE PAGE

夏の準備その2

はい、初夏から秋にかけて大活躍の紋紗の麻襦袢。
麻の絽より柔らかく(裾も擦れず肌当たりがいい)大好きな一枚!
なにしろ洗えるしね〜、風通るしね〜

画像は暗いですが白です ⇒ 140529_110602.jpg

ヘビロテだったのでお尻の縫い目部分がヘバって来ました。
なので、見頃を前後入れ替えて縫い直しちゃえ!…と。
ついでに濃い色の夏襦袢が欲しいから染めちゃえ!と(笑)
はいはい、やっちゃいましたよ〜
固い事は言わず お手軽にDイロン〜

     140603_155013.jpg

昨年、パープルを買っておりました。
今年に入って「違う色がいい」とブリリアントブルーを買い
でも最近縫い上がった越後上布に合わせるなら もっと濃い色
プルシャンブルーにすればよかった!と後で思いつく

また買いに行くのも面倒なので、え〜い 混ぜちゃえ♪と(笑)

はっはっは、つくづくテキトーなB型気質であります

     :

混ぜましたとも! ⇒ 140603_155053.jpg

中性洗剤で洗って、濯いで、色止めして、陰干しして…

140603_210351.jpg ← 20分かき混ぜ続けなければならないのに
           用事をしてて放置の結果…ムラ?ぼかし?(爆)


アイロン掛けたら こ〜んな色になりました(笑)
出来上がりはパープル? この色なら混ぜなくてもよかった

ちなみに染色には衣装ケースの引き出し使用
(普通のバケツじゃ小さいじゃん?)

大きさの参考に漫画を置いてみた ⇒ 140604_140718.jpg

     :

そして今、チクチク再構築しております

スポンサーサイト

14 Comments

oka  

まさかの

混ぜちゃうなんざぁ
すんばらしい発想^_−☆

緻密な計算などいらぬという
職人のカンでしょうか?
大胆かつ繊細、お見事|( ̄3 ̄)|

2014/06/06 (Fri) 21:33 | EDIT | REPLY |   

読者さま  

のの吉

そっか。身頃入れ替えるのですね。おぉすご~い。と思いました。
ダイロンって温度何度ぐらいで染められたのでしょうか。
あと、縮みませんでしたか?
縫うのは無理として、染は自力で、と思うのですが、
裄が長いので、横幅が縮まないか、心配で二の足ふんでます。

2014/06/06 (Fri) 22:00 | EDIT | REPLY |   

しいら圭  

さすが、香子さん、染もちゃちゃっとやっちゃうのね。
Dイロンって、煮なくても染まるの?

Dイロンではないけれど、紫の襦袢(着物から作り替えたもの)、
汗で色落ちして白い着物に移ったことがあるの。
お気を付けあそばせ~。

2014/06/07 (Sat) 00:16 | EDIT | REPLY |   

かなこ  

大雨大丈夫ですか?くれぐれもお気をつけて。

なあるほど、こうなりますか。
こんな感じの色だと濃い色の夏着物との重なり具合がよさそうですね。

2014/06/07 (Sat) 07:53 | EDIT | REPLY |   

香子  

okaさま

だって、また買いに行くの面倒だったんですもの。
それに前の2つを使い切りたかったんです〜 i-235
(無駄に残しとくのヤだもんねw)
ちょっとグレーを期待したけどやっぱり違いましたね(笑)

2014/06/07 (Sat) 09:56 | EDIT | REPLY |   

香子  

のの吉さま

> 身頃入れ替えるのですね。

そうそう、そうすればヘバった部分が
前見頃の立て衿の中に入っちゃうのです v-221

この長襦袢はしょっちゅう水をくぐってたので縮みませんでしたよ。
コールダイオール(コールドダイロン)なので、染める温度は
お風呂と同じくらいかな。動物系じゃなければ熱くても大丈夫と思います。

2014/06/07 (Sat) 10:03 | EDIT | REPLY |   

香子  

しいら圭さま

Dイロンは高校の時にTシャツ染めて以来かな(笑)
その当時も煮なくていいいコールドだったですよ。
ワタシにはこのくらいお手軽なので十分です i-278

> 汗で色落ちして白い着物に移ったことがあるの。

ワタシも赤い絞りの襦袢から色落ちした事があります。
この襦袢は濃い色の着物で来て、何度か水をくぐらせてから
薄い色の着物に合わせましょうかね i-236

2014/06/07 (Sat) 10:09 | EDIT | REPLY |   

香子  

かなこさま

ご心配ありがとうございます。
昼まで結構な量が降るらしいです(洗濯物が乾かん)

白っぽい夏着物に濃い襦袢…夏の初めや夏の終わりに
とってもいい感じですよね、楽しみ〜♪

2014/06/07 (Sat) 10:13 | EDIT | REPLY |   

はんな  

へええ~

勉強になりました~!
まだまだ白い襦袢のみですが、何年かしたら色のある夏襦袢を着られるようになりたいです。5年後目標かな?着慣れないと浮いちゃいますから、慎重に。
ダイロン、帯揚げから試してみようと思います。

2014/06/07 (Sat) 14:06 | EDIT | REPLY |   

香子  

はんなさま

いやいや、ワタシだって今まで夏物は白のみでした i-229
数年前から色付きのが出て来たように思います。
遅ればせながらワタシも〜って感じですよ。
(それもチープにね。染め代が2個で820円で済みました…笑)

煮なくていいコールドタイプは便利でいいですね。
絹は発色がいいので黄ばんだ胴裏を染めてみるのも手ですね。

2014/06/07 (Sat) 15:20 | EDIT | REPLY |   

神奈川絵美  

ワタシも勉強になりました! この染料、海島綿も染まるかな・・・。
古くてちょっと縮んでしまった襦袢があって、もう白っぽく透ける着物には合わせられそうにないので、紺色とかに染めてみたいんですが・・・。
でも何しろ超不器用なので、意図せぬ模様が染めあがったりして(笑)。

2014/06/07 (Sat) 22:46 | EDIT | REPLY |   

香子  

神奈川絵美さま

これは「綿・麻・レーヨン・アセテート・絹・毛・ナイロン」と
一通り染まりますので、海島綿も大丈夫じゃないでしょうか (^-^)v
あまり濃い色にしなければ若干の色ムラは気にならないと思います。
よかったら「自宅染め」いかがですか〜 v-422

2014/06/07 (Sat) 23:42 | EDIT | REPLY |   

櫻子  

ヘバレちゃって解いてある古い襦袢を嘘つきにするつもりで
箪笥に寝かせてあるんだけど、それなら失敗しても惜しくないし
そのうちやってみようかなー(↑失敗前提ww)

2014/06/10 (Tue) 18:32 | EDIT | REPLY |   

香子  

櫻子さま

ぜひぜひ、やってみてくださいまし i-179
そして自分で縫うですよ〜!
どんどん水に潜らせるので、縫い糸をポリにすれば
洗える襦袢になりますよ〜 i-236

2014/06/10 (Tue) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment