香古箱

ARTICLE PAGE

現在進行形

GWは足しげく和裁所に通ってます

6月は和裁がお休みなので
先月末に急いで地直し、荒裁ちまで済ませまして
本日は衿おくみの印付け、そして絎けをやっつけ
片袖まで出来ましたよん
明日は残りの袖を作り、身頃を縫い始める予定。



     140429_180325.jpg

去年、焦げ茶の上布の接ぎ用にネトオクで求めた上布。
ですが せっかくの一反物を切るのは忍びなく
そのまま着物に仕立てようと思った次第

しかし、古い反物のうえ 巻きの中心が竹ヒゴだったので
その竹のシミが付いていて洗っても落ちず…
白地の上布でしたがその辺が目立たないよう
ちょいとマスカットグリーンを掛けてみました。
(商売柄、DICのチップを持ってるので添付して出したw)

地直しのアイロンをかけてると織難も結構あり…
ま、自分で仕立てるので染みや織難は
地衿とか下前とか見えない所に入れちゃいましたけどね

     :

     :

     :

ご参考までに反物一反の染め代は7,500円であります。
(お願いしてる悉皆屋さんは通常のお店より安いのではと思います。
 でも以前は6,000円でしたが値上がりしましたねぇ


スポンサーサイト

4 Comments

じゅんちゃん  

いよっ、ミドレンジャー!(笑)

2014/05/05 (Mon) 21:21 | EDIT | REPLY |   

香子  

じゅんちゃんさま

色は他にもいっぱいあるのに なぜか緑系ばっかり(笑)

2014/05/05 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   

sogno  

上布のお着物も自身で縫われるのですね~
いいなあ。
夏が楽しみですね!!

2014/05/06 (Tue) 07:56 | EDIT | REPLY |   

香子  

sognoさま

はい、昨年は接ぎを入れた上布も縫いましたし
今、徹底的に単衣を攻略中です(笑)
あと1枚縫ったら長襦袢強化活動にはいりま〜す i-278

2014/05/06 (Tue) 09:45 | EDIT | REPLY |   

Post a comment