香古箱

ARTICLE PAGE

牡丹で

ご贔屓さんではないのですけれど
N田屋さんなので牡丹の帯で行きました。

140115_145224.jpg 140115_145143.jpg
Kさんがご一緒なのでやっぱりHさんのでw

灰桜色の色無地
牡丹柄の漆の帯
雪の結晶柄の半衿
水玉の帯揚げ
藍色に房が2色のポンポンの冠組帯締め
干支の根付け
足元はいつものVルサーチ鼻緒のブロンズ草履


いつもの事ですが、自分で買ったのは半衿と帯揚げと草履だけという(笑)

スポンサーサイト

8 Comments

しいら  

牡丹の帯w

あはは!一緒だ。
贔屓じゃないけど、やっぱりしていきますよね(笑)

2014/01/16 (Thu) 22:02 | EDIT | REPLY |   

じゅんちゃん  

帯廻りのニュアンスがいいなぁ・・・
おなじみに着物が違った印象になりますね♪

2014/01/16 (Thu) 23:17 | EDIT | REPLY |   

香子  

しいらさま

そりゃもう、牡丹の帯って
石橋物か成田屋さんの時くらいしか出番ありませんもん(笑)

2014/01/17 (Fri) 00:00 | EDIT | REPLY |   

香子  

じゅんちゃんさま

ありがとうございます。
なるべく同じ物は使わないよう気をつけてます i-179
(着物は同じでも帯か小物か半衿を変えま〜す)

2014/01/17 (Fri) 00:05 | EDIT | REPLY |   

櫻子  

久しぶりにやわらかものを着て、
あっちゃこっちゃ引っぱるの繰り返しでした。
帯上の脇あたりがグズグズになるんだけど、
抱き幅があってないとか?
脇が弛むから、衿も必然的に。。。
痩せたからかなー

私も一応持ってますぜ、牡丹の帯。
歌舞伎座さよなら公演の連獅子の時に締めましたよ〜(^^)

2014/01/17 (Fri) 00:59 | EDIT | REPLY |   

香子  

櫻子さま

柔らか物は落ちてくるんだよね〜。
でも身体に沿って着られるから誤摩化しやすい。
この灰桜の色無地は義母のだから身丈は10cm、
身幅も10cmは大きいのよ〜 i-201 脇けっこう余ってるよ。

> 私も一応持ってますぜ、牡丹の帯。

あの緑と紫に寄った青のだよね。
あれ好っきゃねん i-178

2014/01/17 (Fri) 09:42 | EDIT | REPLY |   

はんな  

常識が

そういう常識が皆無なので、お勉強させていただきますっ!

と、1年に1回行けば良いような者が何を言ってんだか…。
「成田屋」も成田山新勝寺からきていると知ったのも数年前ですし。
どの分野でも、その世界でしか通じない常識があるのがホント面白いなあと、いつも思います。

2014/01/18 (Sat) 00:40 | EDIT | REPLY |   

香子  

はんなさま

あ〜、常識とか考えないでください(笑)
ましてや成田屋さんの舞台には必ず牡丹の帯!という訳ではないんですよ i-201
花の季節で考えると牡丹は冬(雪持ち牡丹)か初夏だけになっちゃう。
それじゃあ勿体ないじゃないですか。それで成田屋さんの家紋に掛けたり、
「連獅子」や「鏡獅子」に掛ければ ほぼ一年中出番が来るんですよ i-236
はんなさんがお好きな蝶の帯も「鏡獅子」を観に行く時など真冬だって締められます。
最新の記事にもありますが「こういう訳でこういう柄を着ています」という
なにがしかの意図を持って着ていれば何でも大丈夫なんです i-179

2014/01/18 (Sat) 09:25 | EDIT | REPLY |   

Post a comment