香古箱

ARTICLE PAGE

孤高の老武者、そしてBST

12月の文楽は期間が短く、鑑賞教室もあるので
上演回数は更に少ない⇒必然的にチケ争奪戦が白熱します。

そんな中、ブログ友・sさんが懇意にされてる着物屋さんで
BST(バックステージツアー)付きの鑑賞のイベントをされると聞き
諸手を上げて参加させていただいたのであります。

【12月文楽公演】

大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)
    六波羅館の段
    身替り音頭の段

しばらく上演が途絶えていたと言う事は、やはり孫殺しがあるからでしょうか?
(歌舞伎でも子殺しが入るものは上演が途絶えたり稀になってきているのがあります。
 「寺子屋」などは自分で殺す訳じゃないし、陰で殺されるのでよく掛かるけど、
 「熊谷陣屋」では、やはり敦盛(小次郎)を討つ所はあまり掛からないですしね…。)

        
いずれにしろ、権力者に振り回される仕えの者が哀しいです。
(振られた腹いせに家臣に相手の子を殺させるってどうよっ!)
身替り音頭の段は、三味線と語りと人形が三位一体となって
もうもう胸が締め付けられました
孫の首をはねてしまった後の太郎左衛門のなんとも名状し難い後ろ姿。。。
あぁあぁ、K十郎さんかっけー!
  

恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)
    城木屋の段 
    鈴ヶ森の段

まず幕が開いて、セットを見て「あれ?おんなじ」と思い、
「しろきや(しろこや)」「おこま(おくま)」「おきく」「さんざ(しんざ)」などの
設定がなんか似てるぞ〜と思ったら、なるほど同じ話のパラレル!
歌舞伎でお馴染みの「梅雨小袖昔八丈(髪結新三)」と同じか。
まずは実在があり文楽があり歌舞伎にもなった…て事だったんですね。

歌舞伎の黙阿弥の所から引っぱってきました↓
 享保12年(1727年)に、江戸材木商白子屋(しろこや)の妻・お常(おつね)、娘・お熊(おくま)、お熊と密通していた手代・忠七(てだい・ちゅうしち)によるお熊の婿・又四郎(またしろう)の殺害計画が発覚し、お熊は死罪となりました。江戸市中引き回しの際に、お熊は黄八丈(きはちじょう)の小袖を着ており、これが人々の話題となりました。
 この事件がモデルとなって、安永4年(1775年)に人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり:近代以降[文楽(ぶんらく)])『恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)』が上演され、翌年には歌舞伎でも上演されて「お駒才三(おこまさいざ)」の世界として定着していきました。本作の『梅雨小袖昔八丈』という題は、旧作の『恋娘昔八丈』と、初演時の上演が6月であった事からきているものなのです。

てか「恋娘昔八丈」は初演が安永四年、「梅雨小袖昔八丈」は明治六年。
設定だけ借りて別物ですわなあ

チャリ場も楽しく、最後はめでたし×2で
機嫌良く会場を後にしたのでした。

配役表は⇒こちら
     
     :

そして終演後は楽屋口に廻って、お待ちかねBST~
思いがけなくK十郎さんやR勢さんの出待ち状態になってしまった。
でもそれもまた善きかな♪ ふふ、う〜れすぃ〜
K十郎さんのお弟子さんのK次郎さんが説明してくださいます。

cyakuto-bann norenn1 norenn2
   文楽の着到板、K十郎さんやS大夫さんの楽屋暖簾

daba geta geta2
罪人を乗せる駄馬(ちゃんと駄馬って書いてあった)人形遣さんの下駄

butaikarakyakuseki 30cm tatami
舞台から客席を写メ! この30cmの段差がクセもの。人形を持ってると大変!

minasamano ninngyou1 ninngyou2
ささ、参りますよ〜。お人形さん達ご苦労様。身替り音頭の子はちゃんと絽目の浴衣!

kannjyu-rousannnorenn simisannnorenn oinarisann
最後に楽屋暖簾の前でちゃっかり撮影♪ ありがとうございました

sさん、この度はお世話になりました。
Jやさんによろしくお伝えくださいませ。
またご一緒くださった皆さま、楽しかったですね。
ありがとうございました
スポンサーサイト

8 Comments

straycat  

香子さま~♪

やっとお着物でお会いできて嬉しかったです~♪(前回は着物じゃなかったので、香子さんじゃないみたいだった^^;)
BST,ホント、出待ち状態でしたね。皆さま、お帰りになるのが早い~

>しばらく上演が途絶えていたと言う事は、やはり孫殺しがあるからでしょうか?
そうなんですか?私はたまたま見たのが寺子屋だったり、一谷嫩軍記だったりと、子殺しって極めてポピュラーな古典の一ジャンルかとばかり思っていました。
勘十郎さんの太郎左衛門、ホントに、ホントに・・うう・・あの嘆きは本当に言葉にならない・・良いものを見せていただきました。
また、ご一緒できたらいいですね。
ちょっと早いですが、よいお年をお迎えください~i-88




2013/12/20 (Fri) 09:32 | EDIT | REPLY |   

じゅんちゃん  

おかげさまで楽しかったね~♪

2月も楽しみ♪

2013/12/20 (Fri) 09:50 | EDIT | REPLY |   

香子  

straycatさま

お世話になりました、ありがとうございました e-466
ふふ、洋服だとカジュアルすぎて別人28号になりまして(笑)

やはり上演する側も世論が気になるようで
あまり残虐な物などは遠慮したりするようですよ。
そして、そろそろいいかな〜と思ったら復活したりね i-229
復活しても感触が良く無かったらまたお蔵入りとか…?
でも、拝見する側は同じのばかりじゃなく、
いろんなお舞台を観たいですよねえ。
また何かありましたらよろしくお願いいたします v-422

2013/12/20 (Fri) 10:33 | EDIT | REPLY |   

香子  

じゅんちゃんさま

ホントにね、いいもん拝見出来ましたね〜♪
2月は三部制だけど、全部行くのは厳しいから
どれにしようっかな〜って(笑)

2013/12/20 (Fri) 10:37 | EDIT | REPLY |   

櫻子  

K十郎さんの出待ちが一番おいしかったりして?(笑)

2013/12/20 (Fri) 17:05 | EDIT | REPLY |   

朋百香  

香子さま
「暫く、上演が途絶えていた」
そっかー、そうですよね〜。孫殺しなんて、現代でも
ショッキング過ぎー。
でもあの義太夫と幻想的な舞台で、DNA的には拒絶しながらも
涙しちゃいましたー。
香子さん、お席立って化粧室駆け込みの早いこと。
私も鼻ズルズルで後を追いましたよー(笑)

2013/12/20 (Fri) 20:36 | EDIT | REPLY |   

香子  

櫻子さま

櫻子さんもいれば良かったのにね…とJ姐さんと話しておりましたよ。

2013/12/20 (Fri) 22:39 | EDIT | REPLY |   

香子  

朋百香さま

どうやら一時期凄惨な場面のはお蔵入りっぽかったですね。
でも、これは復活して当たりでしたね。
身替わり音頭…よかったです〜。
殺される方も可哀想だけど、カワイイ孫を手にかけるのは
いかばかりかと…。現代の親の方がドライな気がしますね。

> 香子さん、お席立って化粧室駆け込みの早いこと。

そりゃもう「馴れ」の一言です(笑)

2013/12/20 (Fri) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Post a comment