香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

秋だけど桜

なんでか今月は他に日にちが取れなくて
無謀にも通し観劇に相成りましてございます

10/14kabuki3


歌舞伎座新開場柿葺落 芸術祭十月大歌舞伎】

今月は「通し狂言 義経千本桜」でした。
それぞれのお話は単体で掛かる場合が多くて、
なかなか通しの機会はなかったので楽しみにしておりました。
(おかげさまで全部知ってるお話ばかりですが)
義経千本桜とはいっても義経が主役ってないですよね?
各々メインは、狐忠信だったり、知盛だったり、権太だったり…
今回のラインナップに入ってない初段が義経メインかしら?

<昼の部>
序 幕 「鳥居前」
二幕目 「渡海屋」「大物浦」
三幕目 「道行初音旅」

花形連中はピチピチでいいですね〜♪
いつもはおっとりした女形のY吉クンが四天王に入ってて、おお♪と。
そして三さんの弁慶に注目しておりました。
芋洗い弁慶みたいな衣装が可愛かったです。
そうそう、いつもは◯◯なHクン、杯の扱いが一番上手かったです!

キッチーさんの知盛は言わずもがなでしょう
ご病気で10キロ痩せられたと言うお話で心配でしたが
そこはそれ芸の上手さもあり、シュっとした感じでよかったかと。。。
ニザさまのよりリアルな知盛も好きなんですけどね、キッチーさんの型の知盛も好き♪
   
T10郎さんとオヤジさまの吉野山は、もうふっくらとした味わい
いつもなら花道から登場する静御前は舞台中央にましまして省エネ
忠信も力みなくふんわりと。そして狐言葉も狐手もさりげないです。
(狐手がぽっちゃりでカワイイ♪ 若手とはやっぱり違いますね)


10/14kobikicyo-

<夜の部>

四幕目 「木の実」「小金吾討死」
五幕目 「すし屋」
大 詰 「川連法眼館」

B枝クン、昼の静と夜の小金吾がんばってました。
(女形声が抜けないのはしょうがないか)
ニザさま…腕を無理させないよう懐手が多かったでしたねえ。
腕が悪いと知らなければ気がつかないくらいのさり気なさでした。
小狡いんだけど可愛い、そして甘えたなキャラ上手いですよね〜♪
T三郎さんとの母子のやりとり楽しみでした
弥左衛門の愁嘆場ではもうウルウルで
頼朝が一枚も二枚も上手で無駄死にじゃん!な権太ですが
客の涙を引き出すのだから無駄じゃないんですよねえ。よーできた話。
Gトーさん、Hデリン、ニザさまとM嶋屋三兄弟が舞台上に一緒の所は
なかなか無い事なので感慨深かったです。

   
そしてO羽屋型本家本元のオヤジさまの四の切。
宙乗りもないし、アクロバティックな出もないノーマル型。
(O瀉屋さんの四の切は別物と思ってくださいまし)
回転が少なかろうと欄干半分だろうと無事完走でほっと
そしてやはりベテランの味、昼の吉野山同様さりげない狐言葉に狐手。
狐忠信は子狐とはいっても、鳥居を何本も重ねた(それだけ修行したということ)
と言っているし、人(忠信)にも化けられるほど齢を重ねているので
いたいけな仔狐じゃないんですよ。鼓を拝領して喜ぶのもあっさりで
そのへんがよくわかる大人な狐忠信でした。



10/14kabukiza4

夜の部でバッタリお会いしたS子さんCさんと
帰りは居酒屋へゴーゴ・GOー(笑)
楽しゅうございました


スポンサーサイト
【 2013/10/16 (Wed) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(12)
昼は三連休ではなく、今週末でした。。
御目文字できずに残念です。

四の切は、初めて欄干の足をかける台の場所を「予め」確認しました。
失礼承知ですが、なんだか心配なんですもん。。。
ほんと、完走がなによりです。
【 2013/10/16 】 編集
のの吉さま
あら、昼はこれからでしたか。
昼もいろいろと面白かったですよ (^-^)v

ワタシも欄干の下の台、確認しました。
あれはいつもありましたっけ?
欄干から落ちた時、無事に着地してホッとしました。
そうそう、廊下で下に落ちて階段横から出るかと思ったら
上手の襖から出てきて「あ、そこから?」と(笑)
【 2013/10/16 】 編集
「いたいけな子狐じゃない」に納得です。
O瀉屋さんのもいいけど、いぶし銀狐もいいよね(^_-)-☆
私は直前に転んだ姿を見たせいか、ニザさまの懐手がとっても目について仕方がありませんでした。
右手を出して何かを掴んだときなんて、「あ!掴めた!」って思っちゃった。
充分お大事になさって欲しいです。
【 2013/10/17 】 編集
こんにちはー。観られなかった夜の部も併せて、レポ楽しませていただきました☆
なるほど修行を重ねた子狐…そう思えば、O瀉屋さんとは
また違う解釈というか、印象になりますよね。
昼の部の三幕目は私もほっこり、ふっくら感を味わえました。
四天王登場の場面では、K昇くんH人くんをオペラグラスでガン見…(笑)
【 2013/10/17 】 編集
八海山!
・・・大好きv-238

ちゃうX2(笑)

来週の夜の部が楽しみでつ♪
【 2013/10/17 】 編集
ニザさまはもちろん感動的だったけど、
ある意味、オヤジさまが最後にいいとこ持ってったような…(笑)
階段下からクルッとの出の時、すぐに動かなかったから
ちょっと心配しちゃったよー
【 2013/10/17 】 編集
れいうささま
役者さんの年代にもよりますよね。
動けるヤツァ、しっかり動け!
動けなくなってきたら芸がもの言うゾ!…と(笑)
ニザさま復活の折には一等席でも張り込みますか(爆)
【 2013/10/17 】 編集
神奈川絵美さま
昼も良かったですが、夜も良かったです。

> なるほど修行を重ねた子狐…

狐忠信のセリフを聞いてれば、(概略ですが)孤児になって
いじめられたりしたけど、それなりに鳥居も重ね大きくなった。
だけど、やはり親が恋しい…って言ってるんですよね。
本は同じなので演出の違いだと思います。
O瀉屋さんのは狐の喜怒哀楽と動きをより強調してるので
狐が子供っぽく見える気がします (^-^)

ふふ、ワタシ次男好きなのでK昇クンよりT太郎クン♪

【 2013/10/17 】 編集
じゅんちゃんさま
そろそろ「ひやおろし」も…(笑)

しっかりニザさまを堪能してきてください!
【 2013/10/17 】 編集
櫻子さま
オヤジさまは力配分が上手いから大丈夫だと思うの (^_-)-*
それにしても歌舞伎座閉場公演が見納めと思った四の切りが
また観られてよかったです。もしかしてこれが最後かも…なんて (^-^;;
【 2013/10/17 】 編集
いらっしゃいましたのね。ふふ。

あら、香子さんは次男がお好きなのね。
私は11月の明治座花形舞踊公演も見に行くことにしたざます。
親子襲名披露での連獅子の決めのポーズでの、長男のかすかな微笑みにすっかりまいってしまいましたの。笑

【 2013/10/17 】 編集
しいらさま
はい、いらっしゃいました(笑)

> あら、香子さんは次男がお好きなのね。

だってお父さんそっくりなんだもの〜!
M輝の頃そこそこファンで、歌舞伎座で再会して
気になる役者さんです。上手いしね〜 (^-^)
そういや、以前、お父さんの四の切も観ましたわよ♪
【 2013/10/18 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する