FC2ブログ

香古箱

ARTICLE PAGE

浮世絵を見に

さて、年末ですからね
そうそうゆっくりもしていられません。
前売り券をゲットしていたコチラに行ってきました。

IMG_3946.jpg IMG_3947.jpg

江戸東京博物館の大浮世絵展

    IMG_3976.jpg

来月の19日まで開催中ですが
来月は来月でちょこちょこ用事が入ってますので
忘れないうちに行かなくっちゃです

喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の
五人の人気浮世絵師に特化した展示でした。
版画なので同じ作品でも所蔵美術館が違うと
刷り数(版数?)の違いかそれなりに色の違いなどあり
横に並べて展示してあるのは興味深かったです。
また、有名作品はもちろんのことシリーズの他の作品
(「富嶽三十六景」とか「東海道五十三次」とか)
あまり見てない(忘れている)作品などもあり楽しみました。

ワタシは北斎も好きですが、幕末の国芳も好きです。
ともに大胆な構図が好みなのかもしれませんね。

IMG_3948.jpg IMG_3949.jpg
館内の大きい熊手↑ 
うちは熊手は買わないのでココで溜飲を下げるw


カフェで休憩して帰途につきました。


外出ですもの、せっかくなので着物で〜♪

    IMG_3935.jpg

浮世絵といえばベロ藍。
藍色が三段階のグラデに織られているカタモノ
結城紬(たぶん)にしました
(この時期はやはりほっこり系に手が出ます)

IMG_3938.jpg IMG_3942.jpg

帯は昔にネトオクでゲットした更紗の洒落袋
(手元に来た時にはすでに皮と芯が離れてぶかぶか…直さねば
一応 クリスマスの日だったので
気分で緑の帯揚げにしました(笑)
帯締めは紫と緑の矢羽の三分紐
見るのが浮世絵ということもあり
赤いキセルとタバコ入れの印伝の根付で
ちょっと江戸風味を出してみました




スポンサーサイト



4 Comments

神奈川絵美  

こんにちは! 浮世絵どっぷりな展示ですね!
私も国芳が好きです。ダイナミックだし遊び心もありますしね。
私、鏑木清方(@国立近代美術館)も不白(@根津美術館)も
見損ねてしまって、、、ちゃんとチェックしていないとだめですねぇ。

過日の、クリスマスの記事も拝読しました。
ご家族や親しい人たちとの賑やかなご様子が手にとるように伝わってきて
幸せのおすそ分け、いただきました♡

2019/12/28 (Sat) 09:25 | EDIT | REPLY |   

和子ねえさん  

ほっこり紬

度々お邪魔しております。

江戸東京博物館は、一度行ったことが
あるような・・・(気がするだけ?)

モダンな感じの結城紬(多分)ですね。

やっぱりこの時季、ほっこり紬ーに賛同。
ですが、私は結城は無地一枚だけ。

探す時には(もちろんリサイクル品)
なかなかテキトーなのに出会いません。

時に、ベロ藍って何でしょうか?



2019/12/28 (Sat) 18:19 | EDIT | REPLY |   

香子  

神奈川絵美さま

コメントありがとうございます。
5人分は詰め込み過ぎかもですが なかなか良かったです。
(以前別の美術館で見た国芳と芳年の師弟展示が強烈でしたね)

ああ、もうクリスマスも遠くに行っちゃいましたw
年越しを迎え今日から本腰入れて大掃除しなきゃです i-229

2019/12/29 (Sun) 09:38 | EDIT | REPLY |   

香子  

和子ねえさんさま

こちらにもコメントありがとうございます。
江戸東京博物館、ご存知でしたか。
常設展には江戸の町並みや暮らしが再現されています。
(別料金なので今回は入りませんでしたがw)

> モダンな感じの結城紬(多分)ですね。

引きで見ると光が差し込んできてるような柄行きです。
ちゃんと袖付けとか背とか柄が繋がってるんですよ♪
もちろんリサイクルです i-236

> 時に、ベロ藍って何でしょうか?

江戸期に外国から入った化学染料でプルシャンブルー
別名ベルリン藍、それがナマってベロ藍と呼ばれたようです。
北斎や広重、若冲などが好んで使ってたようでi-104
https://ja.wikipedia.org/wiki/紺青

2019/12/29 (Sun) 09:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment