FC2ブログ

香古箱

ARTICLE PAGE

今年もアートセミナーへ(展示情報追加)

昨年行ったアートセミナーへ今年も行って来ました。
昨年より時期が早くてめっちゃ暑いんですけどね
教室の中は寒いくらいで避暑にはちょうど良かったでした(笑)

     IMG_1366.jpg

昨年も書きましたが…
相模大野の駅からバスで20分なんですよ。
もっとも炎天下を20分歩くよりはずっといいのですが
もっと近かったらなぁ

【近世小袖の特別鑑賞】 
女子美アートミュージアム所蔵:旧カネボウコレクションの実物を観る


昨年はピンチヒッターの先生でしたが
今年はいつも通りの水上先生(とは言いつつ昨年初参加w)
お話がカジュアルでなかなかに面白うございました。

今回は時代によっての小袖の柄の変遷を講義していただきました。
室町期の大胆な構図、江戸前期の寛文小袖に見られる柄の配置、
帯が広くなってくるにつれて柄の配置に変化が現れ
その後の友禅染の登場や江戸後期の武家好み・公家好み・町方好みの
柄行きのあり方など…とても面白かったです。

昼食後は昭和30〜40年代に作成された織物に関する映像資料を拝見。
織物の組織について・綴錦(川島織物さん)・白石の紙子と紙布など…
とくに紙布については楮を栽培して紙を漉く所から始まり、
(布に使う場合は紙の漉き方が違うんだそう)
2mm幅に切って一晩湿らせて、石の上で揉んで、
撚って一本に繋げて糸にして、織ってと大変な作業です。
ゼロから紙布を復刻した桜井貞子さんにも触れて。
(昨年、紙布展があったんですね。拝見したかったわ〜、残念!)

そしてメインの近世小袖の特別鑑賞。
ガラス越しでなく間近に拝見出来るチャンスです
(撮影不可、もちろん触るのも無しです。マスクをして、いざ!)

1、白地花車模様打掛(綸子地、染め・刺繍)
2、黒地宝尽模様腰巻(練緯地、刺繍)
3、紫地春秋に胡蝶と亭模様小袖(縮緬地、染め・刺繍)
4、黒地色紙短冊草花模様小袖(綸子地、絞り染め・刺繍・摺箔)
5、紫地籬に卯の花模様単衣(縮緬地、刺繍)
6、紅梅藤楓の折枝に丸花菱模様振袖(縮緬地、刺繍)

普段はガラス越しに鎮座ましましてるお宝が
先生の説明とともに目の前でまじまじとじっくりと
一気に並べられていると武家好み・町方好み・公家好みが
如実にわかるのが確認できて時代背景なども想像でき面白かったです。

今回の使用レジュメ&修了証 ⇒ IMG_1373.jpg
IMG_1372.jpg IMG_1371.jpg
↑これからの展示会のフライヤー(お、どこかで見たのもありましたよ♪)
そしてすでに終了していますがOGの個展のフライヤー。
J子美生の典型なスタイルとお見受けします、お二人ともステキ


帰りは昨年もご一緒したOGの方が駅まで送って下さいました。
わぁ、ありがとうございます。来年もお会い出来ますように♪

※展示情報「女子美の衣服教育展」
      前期終了、後期9月12日〜2019年1月25日まで
      「アフリカの藍、日本の藍 —— 大胆さと繊細の対比」
      8月2日〜11月10日まで(会期中、木金土のみ開館)
      「女子美染織コレクションPart7」
      9月12日〜10月20日まで(詳細は載ってませんが多分旧カネボウコレクションより)


せっかくなので暑くても着物で(苦笑)

IMG_1368.jpg IMG_1370.jpg IMG_E1367.jpg

阿波しじら@自分仕立て
反物が短くて(11m40cmくらいだったと思う)袖丈を短くしたもの。
なのでこれを着るときは筒袖がデフォ

半幅を締めようと格闘しましたがこの日はどうにもうまくいかず
結局、絽献上の名古屋にしてしまった。
けっこう自分では空間認識能力あるはずでしたが…
多分、この日のモノは長すぎるのと芯が入ってなかったのが敗因。

8月に入ったので早いとは思いつつ少しずつ色味を秋向きへ。
手始めに三分紐を蘇芳色にしました。

スポンサーサイト

10 Comments

和子ねえさん  

もっと自由に・・・

暑い時季ではありますが、素敵なセミナーに
行ってこられたのですね。

以前京都で、小袖展があって、行ったことが
ありますが、素晴らしかった♡

今はあまりきものを普段に着ないし、どこかに
着物警察なるものもいるようですが、もっと
自由に着ればよいのにねえ~~

でも自由にといいながらも、半幅帯って意外と
難しく、苦戦しますよね!!!

2018/08/05 (Sun) 10:46 | EDIT | REPLY |   

香子  

和子ねえさんさま

はい、もっと近ければありがたいのですが
まあ、しょうがないですね(笑)
もっと皆さんにいらして欲しいんですけど… i-229

着物警察やお直しおばさんってお会いしたことないんですよ。
きっと近寄るなオーラが出てるのかも(笑)

2018/08/05 (Sun) 21:19 | EDIT | REPLY |   

あるばとろす  

袖丈

自分仕立てのの阿波しじら、素敵ですね。色も風合いも好みです。反物の丈が足りない時に、袖を短くするというのがありなのですね。とても参考になります。母の姉は日本舞踊を習っていて、着物道楽していましたが、この叔母の着物は大体が袖丈が45㎝でした。おしゃれてそうしていたようです。

2018/08/05 (Sun) 23:44 | EDIT | REPLY |   

香子  

あるばとろすさま

ありがとうございます。
この阿波しじらは初期の頃の物なので簡単に袖丈を短くしましたが
(袖丈45cm、縫い代は袋縫。せめて可愛くと袖丸は大きく)
今なら「カギ衽」にしたり、衿を一枚仕立てにしたり、
下前の衽に別布で接ぎを入れたりと色々手を覚えましたので
もっとやりようがでてきました i-179

2018/08/06 (Mon) 08:21 | EDIT | REPLY |   

風子  

面白そうなセミナーです。
行ってみたいな~ですが 次回は来年なんですね。
情報が早めにわかるのなら 上京を按配して 参加したいものです。

2018/08/06 (Mon) 22:27 | EDIT | REPLY |   

sogno  

午前も午後も魅力的な内容ですね。
ガラス越しでなく真近で見られる、それだけでワクワク
します。そういえば、佐倉市立美術館で「女子美術大学と
佐藤志津展」というのをやっているみたいで気になっています。

2018/08/07 (Tue) 05:47 | EDIT | REPLY |   

香子  

風子さま

はい、年一回のセミナーです。
来年開催が決まりましたらブログにアップしますね〜。
(たぶん4月か5月には予告が出るので)

2018/08/07 (Tue) 07:28 | EDIT | REPLY |   

香子  

sognoさま

それこそ卒業生がたくさんいらっしゃいますので
バリバリご活躍の方も多いんです。
ほら青い芥子の入江さん(100才越え)もそうですし。
気になった展示の情報を追加しておきますね v-428

2018/08/07 (Tue) 07:34 | EDIT | REPLY |   

神奈川絵美  

こんにちは! こちらの会場、うちからは自転車で40分(笑)。
もっと近かったらなーと私でも思います。
公家好みとか武家好み、ってお茶の世界と同じですね。
藍の展示は自由が丘のようなので、タイミングが合えば行ってみたいな。

2018/08/07 (Tue) 22:31 | EDIT | REPLY |   

香子  

神奈川絵美さま

自転車で40分も夏場はキツいですよね〜 i-229
環境はとてもいいところなんですが(笑)

> 藍の展示は自由が丘のようなので、タイミングが合えば行ってみたいな。

ぜひぜひ〜、ワタシも涼しくなったら行きます〜♪

2018/08/08 (Wed) 09:19 | EDIT | REPLY |   

Post a comment