FC2ブログ

香古箱

ARTICLE PAGE

紬の単衣

GWに“くけ祭り”をしていた紬の単衣ですが

    IMG_0909.jpg

完成いたしました♪

この間からの続きのこちらは衿の始末の様子。

    IMG_0913.jpg

衿の中がゴロゴロしないように
衿の中に入る部分の衽や身頃をコテで斜めに伸ばし
きっちり整えて地衿を折り返し、縫い糸で押さえてから
衿裏をくけていきます。
(衿裏が緩いのは仕上げのアイロンで収まりますw)
ちなみにこちらは衿も柄が真ん中で付き合わせになっているので
掛け衿も左右で柄が立つ(上向きになる)ように
つまみの衿(なんちゃって掛け衿)にしてます。
衿が汚れたりして次に仕立て直す時には
柄ゆき関係なく掛け衿をとって仕立てるつもり

この紬は昨年の暮れに連れ帰ったO倉さんのアウトレット品。
20年前の初期作品だそうで、染めムラやヤケがあるし
市場には出せない、でもいつまでも手元にあっても…なので
顔見知りのワタシにならとお声がけいただきました。
O倉絵羽をいつかは欲しいと思っていた身には
渡りに船でした(おかげでリーズナボーにゲット)
※Hよささん、ありがと、できたよ〜

しかし、一方付け(前も後ろも上向きの柄)の柄だし
ヤケがあるしで柄合わせには頭を悩ませました。
その辺は和裁の先生のお力もお借りして相談し
フの字(これがあると柄合わせが決まってくる)を無視して
前後の身頃を入れ替えて、前身頃と衽の色が合うように。
またポイントポイントで柄が合うよう
内揚げで身丈の柄の微調整も

こちらがこだわりの柄合わせ

IMG_0912.jpg IMG_0912a.jpg

黒丸の左から、衽と前身頃の柄、
上前の脇線の柄、背中心のお尻の部分の柄。
この目立つ3点さえ合えばワタシは満足です(笑)



スポンサーサイト

4 Comments

sogno  

O倉さんの!どんな柄か気になります。
早く全体象がみたいな。柄合わせ、っていうんですか
聞いているだけで頭が混乱しそうです。

2018/05/15 (Tue) 16:51 | EDIT | REPLY |   

香子  

sognoさま

ありがとうございます i-179
とりあえず柄合わせの定石は守りました…みたいな(笑)
それにしても暑くなりましたね、昨日は30℃って i-201

2018/05/16 (Wed) 08:38 | EDIT | REPLY |   

あるばとろす  

紬の単衣

写真を添えていただきありがとうございます!とても参考になります。布は揃えていても置くたびに位置がずれたりと怖いです。縫い糸で抑えるのはいいですね。柄合わせはまだ未経験の分野ですが、見栄えが大きく影響されるところとよく分かりました。雲に雀?波に鳥でしょうか。いいですね。思い通りにできてよかったです。

2018/05/18 (Fri) 10:57 | EDIT | REPLY |   

香子  

あるばとろすさま

衿って布が色々重なってるのでゴロゴロしますよね。
そこを丁寧に伸ばして織り込んで押さえてます。
一手間で仕上がりや着姿が違ってくるんですよ〜。
目立つところなので衿付けが一番難しいですよね i-230
柄はエ霞と竹に雀なんです♪

2018/05/18 (Fri) 19:32 | EDIT | REPLY |   

Post a comment