FC2ブログ

香古箱

ARTICLE PAGE

H30・3〜4月の本

こどもの日でしたが
大人2人でしんねりむっつりの一日でした(苦笑)
あ、今年は早々に五月人形を飾っておりましたよ。
先月の半ばには出していたかも(笑)

    IMG_0830.jpg

上にちょこっと見えるのはAが小4の時の絵。
勢のあるイノシシの絵で、いつもは亥年に出すんですが
なにやら今年は干支関係なく出してます(笑)

『ローマ人の物語(28)〜(34)』 by 塩野七生
 サブタイトルが「すべての道はローマに通ず」「終わりの始まり」
 「迷走する帝国」「最後の努力」と続きます。
 何にでも当てはまる事かもしれませんが
 天辺に行き着いたらあとは落ちるだけなんですよねえ。
 今読んでるところはコンスタンティヌスが頑張ってますが
 彼はキリスト教を認めた皇帝なんですよ。
 あぁ、暗黒の中世へ向け一直線です。


★『まったなし』 by 畠中 恵
 “まんまことシリーズ”の文庫の新刊。
 麻之助の親友(悪友w)色男の清十郎の縁談話。
 さて彼は年貢を納めることができるのか?
 周りもいいけど、麻之助にも幸せになってもらいたい。


★『晴れた日に永遠が…』 by 中野 翠
 はっきり言ってタイトル買い(笑)
 そしてネットの書店でアウトレットになってて半額だったんです。
 2013年の11月から2014年の4月までのコラムを集めたもの。
 こういう近い過去は何か無いと思い出せなくなってますね。
(古い事はよく覚えていてしょっちゅう出てくるのに…苦笑)
 勘三郎さんが亡くなったのもこの時でした。
(そういえば父も七回忌。さすがに覚えていましたとも) 


★『神坐す山の物語』 by 浅田次郎
 こちらもタイトル買い。
 人物造形には少しフィクションが入っているそうですが
 ほとんどの出来事が作者の体験談から来てるそうです。
 お母様のご実家である武蔵御嶽山の神職のお家での
 不思議な体験(出来事)を綴ってます。
 不思議な感覚でした。

※Tさん、もう読了しましたのでお貸ししますよ〜


『一汁一菜でよいという提案』 by 土井善晴
 食事作りが得意でない主婦にはありがたい本。
 なんかホッとします〜、土井センセありがとう〜!

     IMG_0866.jpg
近くのライブラリーでコーヒー飲みながら読みました。
コーヒー¥100…味は置いといて、こういう場所があって嬉しい♪



『あなたのために 命を支えるスープ』 by 辰巳芳子
 前から読みたかった本。
 きっと何かあったらまた手に取ると思います。
 玄米スープ…身体中に染み入るでしょうね。

     IMG_0907.jpg
こちら、いつでも空いてるのです。
今度はどの本をコーヒー飲みながら読もうかな☆



スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/06 (Sun) 22:50 | EDIT | REPLY |   

sogno  

おお、珈琲と本の、美味しい写真✨大好物ですわ。
中野さんの、あまり新しいのより、ほどほど古いのが面白く
感じられます。ワインと同じ、ちょっと熟成したほうが(笑)
土井センセイの、しみじみと良い本ですよね~

2018/05/07 (Mon) 06:33 | EDIT | REPLY |   

香子  

鍵コメさま

はい、かしこまり〜 i-179
詳しくは後ほどご連絡いたしますね。
こちらこそ楽しみにしておりまする〜♪

2018/05/07 (Mon) 08:32 | EDIT | REPLY |   

香子  

sognoさま

こちらのライブラリー、蔵書は少ないのですが
なかなかイイモノがあるんです。
(実はワタシも10冊ほどハードカバーを寄付)
たまには自分ちを出てのコーヒータイムもいいですねえv-273

2018/05/07 (Mon) 08:34 | EDIT | REPLY |   

Post a comment