香古箱

ARTICLE PAGE

駆け込みで夏物

9月はいつも残暑がキビシいのに
今年は雨が多く、秋が早いですよね。
文楽一部には絶対夏物を着る!と予定していたので
この日は晴れて気温が上がって良かったでした

   170905_095900.jpg

演目に因んだ「朝顔」の帯留めは
夏物じゃないと合いませんもんねえ

この日、席は違いましたが
幕間はE美さんとご一緒しました。

170905_152749.jpg 0905_2.jpg

E美さんの かづら柄の絽帯。
ワタシは絽の帯を持っていないので
来年以降の課題にしたいと思います。

この夏大島もこれで2回着たので
心置きなくお手入れに出せます(1回じゃ勿体ないもの)

170905_095845縮小 170905_095900.jpg

紗の名古屋帯に紫のゼブラの帯揚げ
朝顔の帯留めの色に合わせて三分紐は
紅梅色と黒の2本を重ね付け
バロックパールの根付と黒の骨の扇子で。

半衿は襦袢の色に合わせた甕覗きにグレーを混ぜたような色。
流水柄の紋紗です。

    170905_171813.jpg

濃い色の襦袢だと着物の透け感が顕著になるので
同じ色付きの襦袢でも薄手の色を持ってきました。

※お太鼓作る段になって仮紐がない事に気づく…
 探すのすっかり忘れてました (苦笑)
 ま、いっかあ〜 ←ズボラの言い訳




スポンサーサイト

8 Comments

sogno  

いつもながら、すっきりと整った着付けに
感心しています。着物と衿の色の組み合わせが最高❤
今日着物を着ましたが、着ているうちに半襟がどんどん
かくれて、ついには5ミリくらいになり。直すのが大変
でした。以前は紐&伊達締めでしたが、最近はコーリンベルトだけ。

今更ですが、教えて下さいませ。

2017/09/07 (Thu) 15:16 | EDIT | REPLY |   

香子  

sognoさま

ありがとうございま〜す。
傍に木があったら思わず登っちゃいます(笑)

コーリンベルト使用で衿が詰まってくるのは
ベルトがちょっとキツめかもしれません。
背中の方が弛むちょい手前くらいにしてみて下さい。
十分ユルいわ〜と思われるなら付ける位置を
ちょっと上にしてみて下さいまし(ただし帯から出ない位置で)
上手く行きますように (-人-)

2017/09/07 (Thu) 20:20 | EDIT | REPLY |   

神奈川絵美  

こんにちは! こうして改めてお写真拝見しますと
帯周りの色のメリハリ、柄のリズム感みたいなものが
とーっても目を惹きますね。
こういう、濃淡のついた帯揚げ、私あまりもっていないので
今後の課題です。

そういえば私、自分の記事を上げて思い出したのですが、
あの枯れ野原みたいな「浜松小屋の段」の蓑助さん!
小屋の陰で身を震わせ顔をそむけているあの姿、
生命が宿っていましたよねぇ。

2017/09/07 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

香子  

神奈川絵美さま

ありがとうございます。
小物だけ色合いを秋向けにしてみました(笑)
インパクトのある色味はキャラにもよりますよね。
絵美さんは柔らかい色味がお似合いと思います v-221

蓑助さんの人形は本物より女っぽいですよね。
移動の時、和生さんの左遣いさんが手を添えていて…
観られるうちはしっかり観ておこうと思いました。

2017/09/08 (Fri) 09:53 | EDIT | REPLY |   

uzuz  

いつもながら、帯周りのちょいちょいとしたアクセント的な利かせ方が素敵でいらっしゃる・・・
私にはできないの~
(同系色or濃淡ばっか)

2017/09/08 (Fri) 15:44 | EDIT | REPLY |   

香子  

uzuzさま

ありがとうございますぅ〜♪
一応学校で色彩学習ったし、仕事では色校正もやってたので i-229
挿し色とかつい気にしちゃいますねえ i-201

2017/09/08 (Fri) 19:40 | EDIT | REPLY |   

朋百香(tomoko)  

香子さま

sognoさんのおっしゃるように、香子さんはいつも同じに着られるから凄い。
私もその時々で襦袢の襟が右左で出方が違ったり、きものの合わせが浅かったり
深かったり・・・何度着ても、今日は完璧!というのはめったにありません。
さすがです。さーて、夏場、きものをお休みしていたので、練習して感を戻さ
ないと。

2017/09/09 (Sat) 08:59 | EDIT | REPLY |   

香子  

朋百香さま

何をおっしゃる〜(滝汗)
ワタシの場合は着上がった後、納得いかなかったりしたら
ちょいちょい手直ししちゃいますよ。
襦袢の衿などは身八つから手を入れたりとかね(笑)

> さすがです。さーて、夏場、きものをお休みしていたので、練習して感を戻さ
> ないと。

いよいよ始動ですね、楽しみにしておりまする〜 v-428

2017/09/09 (Sat) 10:18 | EDIT | REPLY |   

Post a comment