香古箱

ARTICLE PAGE

ありがとう

押し入れから懐かしい物が出てきました。

   170902_135910.jpg

Cが3歳の頃に作ったフェルトのケーキ

Cは早生まれだったのと
当時は自宅で義母の介護をしていたので
3歳の頃は月水金だけのプレ幼稚園みたいな所に通ってました。
お兄ちゃんたちの幼稚園のバザーも頑張りましたが
ここの秋のバザーには色々数を作りましたよ
料理が得意なチームはコーンフレークを使ったクッキー
マドレーヌとかの焼き菓子、ココアを使ったラムボール。
洋裁チームはお稽古バッグやフェルトのケーキetc。
写真のケーキは売り物を作った後に自分用に作ったもの。
1ピースづつマジックテープでくっついていて
ままごと用の包丁でサクっと切れるようになってます。

あぁ、あれからもう22年?経つんですねえ。
ワタシも若かったなあ……お稽古バッグは
人の分も含めて一気に20は縫ってた気がします。
(当時ミシンを動かすのは、いいストレス解消だったんですよ)
ガンガン活躍してくれた嫁入り道具のミシンも
もうスイッチ入れても動かなくなってしまいました。
もうお役御免かな

このケーキCが「残しておいて」と言っていたので
今までありましたが、もうシミも浮いてきたし
この辺で処分していいでしょう。今までありがとう♪
もしかCが結婚して女の子でも産まれれば
その時は新しく作りましょう
そんな時が来れば…ね(爆)





スポンサーサイト

2 Comments

朋百香(tomoko)  

香子さま

いや〜、本当にね、過ぎてみればあっと言う間です。
私も時々、子供達の工作を見ては、ああ歳とったんだなぁ、と。

「そんな時がくれば・・・ね」来ますよ、ある日突然に!(笑)

2017/09/04 (Mon) 13:40 | EDIT | REPLY |   

香子  

朋百香さま

そうそう何でも置いておけないですよねー i-230
残す・捨てるの線引きが難しい(笑)
それにしても子どももワタシも若かったなあ〜(爆)

> 「そんな時がくれば・・・ね」来ますよ、ある日突然に!(笑)

そうですか〜? 無理なような気がするんですが i-229

2017/09/04 (Mon) 17:05 | EDIT | REPLY |   

Post a comment