香古箱

ARTICLE PAGE

納涼能(#40)

けっこうな暑さが続いておりますが
サロンの翌日も着物でお出掛けでした。

   170722_134906.jpg

昨年の納涼能も拝見しましたが
今年は今年で演者さんが豪華ラインナップでしたので
(パンフの写真を見てビックリでしょ? 宗家の弁慶って)

【第40回 納涼能】

御挨拶 朝倉俊樹
ミニ講座 馬野正基


喜多流「枕慈童」

他流では「菊慈童」と呼ばれている演目です。
T枝さんの慈童はまさに700年も生きてるって感じでしたね。
T枝さんが見現れた所でこちらも覚醒しましたもの

シテ:友枝昭世
ワキ:殿田謙吉
ワキツレ:大日方寛、梅村昌功
笛:松田弘之
小鼓:曽和正博
大鼓:國川純
太鼓:小寺真佐人(観世元伯さん病気休演)
後見:香川靖嗣 他
地謡:粟谷能夫 他


   170721_155429.jpg
なかなかお姿拝見出来ません。どうかお大事に。。。

狂言 和泉流「文荷」

いつ見ても可笑しいです。
当時、衆道は武士の嗜みで普通と思われてたでしょうに
やっぱり一般人には笑いのタネというかそういう事になるんですね。
想いの詰まった重い文ですわ(笑)

シテ:野村万作
アド:石田幸雄、深田博治
後見:中村修一



仕舞 宝生流「嵐山」 宝生和英

相変わらずキレキレの舞です。
若さですよね〜☆

  金剛流「半蔀 クセ」 金剛永謹

一転、落ち着いて優雅な源氏の世界でした。

  金春流「天鼓」 金春安明

以前、K春さんのお謡は他と違うと思ってましたが
今回はあまり違いが無いように感じました。
演目によるのでしょうかね。


観世流「安宅 勧進帳 瀧流之伝」

いつも嫋やかな女御や天女を演られるイメージの宗家が弁慶!
チラシのお写真見て俄然興味が湧いてチケ取りしたのでした(笑)
能楽堂の狭いお舞台に歌舞伎の勧進帳の倍の人数がみっちりと
そして緊張感と緊迫感も満ちておりましたね、おもしろかった。
お囃子方も大好きなメンバーで堪能いたしました。

シテ:観世清和
同山:山階彌右衛門、武田尚浩、藤波重孝、清水義也
   角幸二郎、藤波重彦、浅見重好、坂口貴信、武田友志
子方:武田章志
ワキ:宝生欣哉
アイ:山本則孝、山本泰太郎
笛:一噌庸二
小鼓:大倉源次郎
大鼓:亀井忠雄
後見:木月孚行 他
地謡:梅若玄祥 他



スポンサーサイト