香古箱

ARTICLE PAGE

文月のサロン

お暑うございます
今月も頑張ってサロンに行って参りました。

先生は素肌に直にサラシを巻いて
その上からアイスコットンの長襦袢をお召しだそうで
「寒いくらいだったわ〜」とおっしゃってました

    170720_145654.jpg

それぞれの一言スピーチから膨らませてお話しくださり
「40〜50代はピンクが顔映りもいいし似合うのよ。
 逆に藤色などは落ち着いていいかもしれないけど
 顔がくすむのよね。もっと一回りしてからなら似合うかもしれない」

だそうです。わぁ〜い、洋服では若作りな人に見られるかもだけど
着物ならそんな事無いものね。安心してピンクを着ましょ♪
「藍はいつでも安心して身につけられる色よね」とも。
そうですよね、日本人はやはり藍ですよね

170720_150556.jpg 170720_154025.jpg

麻の地に笹柄の帯。
そしてピラッとめくって下さる…お茶目〜
今月の帯コレクション

170720_132753.jpg 170720_132814.jpg 170720_150404.jpg
K田屋さんのピーニャ帯 ⇒ 170720_150614.jpg 170720_153647.jpg
シスターズ。いいな×2
170720_144732.jpg 170720_144937.jpg DSC_4880.jpg
真ん中のYさんは珍しい豆絞りの柄の浴衣を衿付きで。

この日のオヤツは白鷺宝のスイカでした♪

170720_150342.jpg 170720_150943.jpg
中までスイカ〜! 種もあります(笑)


さて今月のワタシはこんな感じで ⇒ 170720_165156.jpg

週の初めに用意しておいて挫折した一揃いを
リベンジでそのままサロンへ(笑)

170720_115043縮小 170720_115143.jpg

昨年突貫工事で仕立てたSドキーさんの綿麻
羅織の八寸@いただき物
白の絽縮の帯揚げ
ブルーの三分紐
ガラスの帯留めを2個付けで
紐が三分紐と色が揃いの琥珀の根付

170720_115156.jpg 170720_100656.jpg

半衿は薄浅葱に蔦の型染め
襦袢はダイロンで紫に染めた麻の紋紗でした。


スポンサーサイト