香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

観劇のハシゴ

梅雨明けはまだのようですが、お暑うございます

今月は5月に観劇した時に見初めて下さった奥様と
夜の部にお会いしましょうとお約束しておりました。
が、このままでは来年の金会員の位置が危ういので
ポイント稼ぎに急遽演舞場の昼の部を足した次第(苦笑)
(暑い中何度も出掛けるのはしんどいので近場の観劇は一日で済ませたい)
そしたら、まあ、なんと! 
演舞場でその奥様とバッタリ
考える事は同じなんですね(笑)


【七月名作喜劇公演】
一、お江戸みやげ

歌舞伎座で観た3津五郎さんとG治郎さんコンビが
印象にあり(G治郎はんがいい味出してたなあ)
今回M次郎さんが“おゆう”を演られるというので
観たかったのでした(何気にM次郎さん好きです)
直前で取った観づらい席でしたが、
声だけ聞いてても面白かったです。

お辻:波乃久里子
おゆう:市村萬次郎
栄紫:喜多村緑郎



二、紺屋と高尾

じつはこちらはパスしようかな〜なんて思ってました。
でも「お江戸みやげ」が1時間しかなかったので
こちらも観ないと勿体ないですし
結果、観て良かったです。
アンサンブルもよく、R郎さん喜劇合ってるじゃないですか♪
T尾太夫は(「大奥」の続きみたいな感じで花魁の可愛さが無かった
イマイチでしたが、マチガイの無い安心感がありました(笑)

高尾太夫:浅野ゆう子
紺屋の久造:喜多村緑郎



【七月大歌舞伎・夜の部】

   170710_153154.jpg

秋葉権現廻船語
通し狂言 駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)

市川海老蔵・堀越勸玄 宙乗り相勤め申し候
発 端/遠州月本城下浜辺松原の場
序 幕/遠州月本館の場
二幕目/大井川土手の場
   遠州無間山お才茶屋の場
   同 秋葉大権現の場
大 詰/ 都東山御殿の場
   同  奥庭の場
   元の御殿の場


昼の部の演目はほとんど知ってるので
未見の夜の部だけ拝見しようと今月はコレだけ。
Kンカンの宙乗りも楽しみでしたし…チケット取った時点で
こういう状況になるとは想像してなかったですねえ

いろんな演目のパロディのパッチワークで面白かったです。
あ、ここはアレだわ、あそこのはアレだわと(笑)
そんな中、お才のコタちゃんが光ってましたね。
難しい人物像をやりきってましたよ。
ABさまは相変わらず悪党の声はいいけど二枚目はイマイチむにゃむにゃ
それにしても役者さんはこういう時でも演らなくてはならず
つくづく因果な職業だなと…。
そして観る側からだと今の状況でこのセリフはキツくないかなぁ
…な場面が二幕でたくさんありましてね、でも舞台は舞台
公私は別になってるんでしょうね(でも聞いてる方は考えちゃう)
宙乗りも万雷の拍手で迎えられてました。
(いつもの時と違って今回はスキーのリフトのような形態でした)

   170711_212838.jpg
 一幕で鳥屋から吹き出されてた紙吹雪

最後の場面、ABさまの顔をオペラグラスで観てましたら
頬がげっそり削げてしまってました…。。。
どうぞ倒れてしまわないように…Mさんのご冥福をお祈り申し上げます。

日本駄右衛門/玉島幸兵衛/秋葉大権現:海老蔵
月本円秋:右團次
月本祐明:男女蔵
奴浪平:亀鶴
月本始之助:巳之助
傾城花月:新悟
寺小姓采女:廣松
奴のお才/三津姫:児太郎
白狐:堀越勸玄
駄右衛門子分早飛:弘太郎
長六:九團次
逸当妻松ヶ枝:笑三郎
馬淵十太夫:市蔵
東山義政:右之助改め齊入
玉島逸当/細川勝元:中車



スポンサーサイト
【 2017/07/10 (Mon) 】 芸能・芸術の箱 | TB(-) | CM(-)