香古箱

ARTICLE PAGE

赤姫とダメンズと相撲くずれ

なにやら7月の夜の部の3階席は完売だそうで…
今月も行ったってくださいな。
4猿ちゃんの“お蔦”は絶品ですよ〜☆

   170612_153215.jpg

そんな訳で楽しみな夜の部行って参りました。

【六月大歌舞伎・夜の部】

一、鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
絹川村閑居の場

三姫のうちの一つ「時姫」が出てきます。
ほか二つ「雪姫」と「八重垣姫」は観てるので
これでようやくコンプリートしました ←今頃(笑)
同じお姫様でもそれぞれの背景が違いますが
生涯掛けた恋の為に行動してるのは同じかな。
雪姫以外は尽くした男性の死は分かりきってるので
その後はどうなるんでしょう? 
お姫様って1人では生きて行けそうも無いし…ね。

佐々木高綱:幸四郎
時姫:雀右衛門
三浦之助義村:松也
阿波の局:吉弥
讃岐の局:宗之助
富田六郎:桂三
おくる:門之助
長門:秀太郎



二、曽我綉俠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)
御所五郎蔵

待ってました! 両花道の出がカッコいい!
カッコいいけどダメンズなんですよね、ゴショゴロ(笑)
最初の衣装の白地に墨書きの富士と梅の大木は
ニザさまの持ち衣装なんですかね。
(以前見たK九郎クンの時は登り龍だった気がします。たしか新調してた)
五郎蔵の役者さん共通の市松のモケモケ帯がオシャレ〜。
愛想尽かしの場面での衣装も紺地に薄いグレーの梅柄、
その柄の配置がステキでオペラグラスでガン見してました

御所五郎蔵:仁左衛門
傾城皐月:雀右衛門
子分 梶原平平:男女蔵
同  新貝荒蔵:歌昇
同  秩父重助:巳之助
同 二宮太郎次:種之助
同 畠山次郎三:吉之丞
花形屋吾助:松之助
傾城逢州:米吉
甲屋与五郎:歌六
星影土右衛門:左團次



三、一本刀土俵入(いっぽんがたなどひょういり)

4猿ちゃんのお蔦が楽しみで×2。
酌婦の時のお蔦の捨て鉢な感じとか上手いですよね。
また歌がうまい! 
ここがヘタだと一気にガクっと来ちゃいますもん。
適材適所、まとまったアンサンブルで楽しみました。

※お隣の席、ず〜っと空いててこの演目の時にやっといらした。
 都合だったのか、4猿ちゃんの大ファンか…どっちですかね〜


駒形茂兵衛:幸四郎
お蔦:猿之助
堀下根吉:松也
若船頭:巳之助
船戸の弥八:猿弥
酌婦お松:笑三郎
お君:市川右近
庄屋:寿猿
老船頭:錦吾
河岸山鬼一郎:桂三
清大工:由次郎
船印彫師辰三郎:松緑
波一里儀十:歌六



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment