香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

孔雀の八寸

演舞場へはぶら下がりっぱなしだった
こちらの単衣で行きました。

    170602_145257.jpg

へへ、Hさんのは普通のハンガーにかけてても
型くずれしないのがいいですね


先月から単衣を着ていると帯は軽い物に変えたい。
でも暑くなったとはいえ絽つづれはまだ早いかも…
で、結局 義母箪笥から孔雀の八寸にしました。

   170602_104104.jpg

半衿は綿を付けていたので
帯揚げは全体の色味を合わせてまだ縮緬(笑)
帯留めはガラスの新橋色〜
         ↑ここだけ意識しました(笑)

170602_140823縮小 170602_140836.jpg

少しでも涼しげに見えるよう帯飾りはガラスの雫

紗の薄羽織は手持ちにして帰りに羽織りました。
風が強くて夜は結構冷えましたので
持って行って良かったです。


スポンサーサイト
【 2017/06/04 (Sun) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する