香古箱

ARTICLE PAGE

ミュージアムから能楽堂へ

自営業の味方・区の共済会でチケットゲット!
こちらへ参りました ⇒ ソール・ライター展

170519_155634.jpg 170519_150218.jpg
入り口付近ではライター氏との2ショットコーナーも

ソール・ライターという方は、1950年代からN.Y.で
ファッションカメラマンとして活躍していたけど
1980年代に世間から姿を消して隠遁生活に入ったらしい。
そして再び脚光を浴びて、日本初の回顧展が行われているんです。
詳しい事は上のサイトをクリック×2

いやぁ、これがすんごく良くってですねえ
『Harper's Bazaar』用のファッションフォトは
鏡越しのモデルだったり、ガラス越しの風景だったり…オシャレ。
ストリートの写真も被写体を直接とか構図が単純じゃなくて
階段越しだったり、アラベスク柄の門扉の向こうだったり
画面の2/3を天蓋が覆っててその下に道行く人たちがいたり
モノトーンの雪景色の中にポっと赤い傘があったり…

170520_171806.jpg 170520_171824.jpg
写真はパンフやbunkamuraの冊子から

とにかくクールでカッコいいんです!
いつもは買わないお土産を思わず買っちゃうくらいです(笑)

    170520_171651.jpg

この後、1Fでやってるアートofロックの展示に入りましたが
どうにも直接的で子どもっぽく感じてしまいました

デパ地下でクールダウンした後は能楽堂に向かいます。
大人の事情でパスした演目でしたが
ピンチヒッターで行ける事になりまして…。

     H2905_noh_omote.jpg

【5月定例公演 大般若・賀茂】

170519_173051.jpg 170519_180211.jpg

狂言 大般若(だいはんにゃ)  

能の「大般若」は知ってるけれど、
狂言は知らない気がしてて見てみたかったのでした。
始まってみると…以前に故・M之介さんで観た事あるかも。
「大般若経うんにゃらかんにゃら」が楽しくって(笑)

シテ/住持:野村萬斎
アド/神子:高野和憲
小アド/施主:野村万作



能  賀茂(かも) 素働(しらばたらき)  

こちらは本当に初見でした。
シテが2人出て来て見応えあります。
後ジテの天女と別雷神もおめでたかったです。
大鼓はご贔屓のH忠さんですが、
小鼓の方が柔らかくていい音を出されていて・・・
G藤さんとおっしゃるんですね、覚えておこう♪

前シテ(里女)/後シテ(別雷神):片山九郎右衛門
前ツレ(里女)/後ツレ(天女):観世淳夫
ワキ(室明神の神職):則久英志
ワキツレ(従者):館田義博・野田能弘
アイ(末社の神):石田幸雄
笛:杉 市和
小鼓:後藤嘉津幸
大鼓:亀井広忠
太鼓:小寺真佐人
後見:観世銕之丞・清水寛二
地謡:谷本健吾 他



スポンサーサイト

4 Comments

Tomoko  

おお!ソール・ライター、行ってこられたんですね。
先月のうちに行こうと思ってたのに、来月になっちゃいそうです。
もう行ける展覧会はうんとうんと絞り込まなくちゃなんですが、
このソールライターは相方が行く気になったなので、
しめしめ、くっついていっちゃお!ってコトで。笑

2017/05/20 (Sat) 23:59 | EDIT | REPLY |   

朋百香(tomoko)  

香子さま
ソール・ライターさん、いいですね〜。何か絵画的というか詩的というか・・・
お土産、思わず買っちゃうお気持ちよく分かります。
出来れば1人で静かに眺めていたい・・・。会場ではそうもいかないのでしょうが。

2017/05/21 (Sun) 11:11 | EDIT | REPLY |   

香子  

Tomokoさま

はい、行ってきましたよ〜♪
共済会で半額だったんで、すかさず申し込みしてたんです(笑)
もうもう、すっごく良かったですよ〜!
とにかく画面の構図がクールでオシャレ、物語が見えます i-178
きっとお好きだと思います、楽しまれてください i-236

2017/05/21 (Sun) 12:12 | EDIT | REPLY |   

香子  

朋百香さま

サイトの「見どころ」ご覧いただけましたか
ステキな写真でしょ♪

> 何か絵画的というか詩的というか・・・

ビンゴ! 彼は絵も描くんです〜 i-179
小品ですが、絵も飾ってありましたよ。
会場は程よい人で、じっくり見る事が出来ました。

2017/05/21 (Sun) 12:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment