香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

再開&再会

昔からのブログ読者様の中には
「ここ最近サロンのお話が無いわねえ」
お思いの方もいらっしゃるかと思います。
じつは半年間お休みをしておりまして…
この度、無事再開いたしました。

    170420_124657.jpg

久しぶりなのでちょっと緊張?
いえいえ、勝手知ったる古巣ですので
変わらずですよ〜(笑)

先生も相変わらずお元気でチャーミング
そしてアイデアのカタマリ。

170420_150835.jpg 170420_150849.jpg

この日は博多帯を締めていらしたのだけど
「金の量が多くてどうも嫌で…」とおっしゃって
前帯を変則的に折って上の方の金の柄をちょっと隠してます。
(端を6〜7cm外側に折って裏を見せている)
ホント、考え方が柔軟ですよね。


ちょこっと皆さまの着姿をば

170420_150746.jpg 170420_150802.jpg
kさんの桃太郎の染め帯がらぶり〜
170420_150915.jpg 170420_144831.jpg
そろそろ初夏の装いですかねえ!? とかなんとか?
170420_150935.jpg 170420_151151.jpg
Rさんの自作色無地、Kさんの藍染コーデ、Nさんのつまみ細工の燕!

またいろいろな刺激を受けられると思うと
ワクワクしますね、楽しみです

さて、帰り道にちょっこす寄り道。
コチラの展覧会のお知らせをいただいていたので。

170420_163125.jpg 170420_173805.jpg

お客さまの為の作品もあるのだけど
お嬢さまたちの為の祝い着や振袖などは
眼福以外のナニモノでもありませんでした。
右近の桜・左近の橘に掛けた従姉同士の振袖…
ステキだったなあ〜

さて、そんな着物三昧の一日には、こんな感じで。
はい、例のアレ…使いましてございます

170420_103729.jpg 170422_181135.jpg

「なんちゃって比翼〜♪」 ← by ド◯えもんw
黒留を仕立てた時に比翼の作り方を覚えたので
羽裏を切ったり接いだり、上前部分と衿のみ作り
取り付けました。
(本来の比翼は、四裾(八掛け部分)と衿をぐるっと)
4月の新学期に臨んで、いい感じで出来たと思います。

170420_122752縮小 170420_122800.jpg P1100100.jpg

じつはこの色無地、一年前のサロンでも着用しておりまして
(改めて遡ってみたら違ってました。失礼しました)
なんちゃって比翼を付けた事で また新鮮なコーデが出来ました。
帯は名古屋、帯揚げはちょっとカジュアル寄りにゼブラ。
三分紐の2本遣いでアンティークボタンの帯留めを装着。
一応、若干正装風味なので末広を挿してます。

170420_172538.jpg 170420_172627.jpg 20170421_084748.jpg

比翼付きの色無地なら道行きを合わせるのがベスト。
ちょっと早いですが透けるモノにしました@義母箪笥より
先輩に「まだ4月よ」と言われましたが
桜散ったらもう初夏の気候ですものねぇ。


スポンサーサイト
【 2017/04/22 (Sat) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(2)
香子さま
サロン再開とのこと、また皆様のおきもの姿が拝見出来るの私も楽しみです。
自作の色無地とか、つまみ細工とか、皆様多彩ですね〜。
先生の博多帯も金と言っても品良くゴージャス。金を隠さなくても・・・と思いましたが
ご自分の拘りですよね。人が見たらなんて事ないのに、自分は嫌というの私もあります。
薄羽織りの方、昨日横浜でも見ました。4月と言っても気温によりますよね。
洋服では半袖の人もいますから(笑)
自分なりに拘ってきものを楽しむ、これに尽きるのではないでしょうか〜。
あー、きもの着て出掛けたいのにきっと連休は孫のお世話だわ・・・。
【 2017/04/22 】 編集
朋百香さま
ちょっと思う所があり休眠(休会)しましたが復活しました。
皆さまに「お帰りなさい♪」と言っていただき嬉しかったです i-179
先生のこだわりの為のアイデアとか、皆さまのお着物や帯を
拝見出来るのがとても楽しいですね。
(自分では買えないですからねぇ。いただき物専門のワタシ…苦笑)

おお、GWはお孫ちゃんが♪
一日くらいはお手透きにならないかしら?
4日の14時から東京キモノショーで先生のお話があるんですって。
【 2017/04/23 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する