香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

受賞祝賀会

昨年、和裁の先生が叙勲されましたが
この度、和裁士業界のお歴々が音頭を取られての
祝賀パーティーが行われました

   170313_130331.jpg
    舞台右の女性が先生です

総勢150人超の大人数の中の末席に
ちゃっかりお邪魔させていただきました


会の発起人の方々やお祝辞を下さる方々の
お名前や経歴を拝見すると世界が違いすぎてクラクラします。
(全国和裁技能士会・全国技能士会連合会・全技連マイスター会・東京都技能士会連合会
 ・◯◯きもの学院等々の会長様や社長様・学院長様などトップの方々)

改めて“偉い先生”なんだなあ〜と実感。
あぁ、こんな不肖の生徒で申し訳ないです

軽くヘコんだその後は…スッパリ忘れて乾杯(苦笑)

     170313_133428.jpg
    わぁ〜い、おビールも春だわ

170313_134419.jpg 170313_135434.jpg 170313_140108.jpg
170313_140957.jpg 170313_141947.jpg 170313_143004.jpg
170313_144623.jpg 170313_145150.jpg 170313_145652.jpg
170313_150337.jpg 暗いですが着物姿たくさん 170313_125058.jpg

すんごいご馳走でした! 
この会の為にシェフが特別メニューをこしらえたんだとか…
もちろんアルコール飲み放題〜
アトラクションには先生が和裁の授業を受け持っている学院の方が
マリンバとフルートの演奏(プロ)をされたりして
なごやか〜に過ごさせていただきました。
約半数がキレイなお着物姿の方で眼福でしたあ

呉服業界を始め、和裁業界も苦労の時ですが
こちらをご覧の読者の皆さまには
どんどんステキな着姿を披露して、着物ファンを増やして
和裁をされる方には着やすいお仕立ての着物を提供するべく
頑張っていただきたいです。
(もうもう他人事ですいません


スポンサーサイト
【 2017/03/15 (Wed) 】 うまうま小箱 | TB(-) | CM(2)
自分がならっているお師匠さまが誉れの叙勲を受けられるだなんて
そうそうあることではないですよね。
ハレがましいお席、何よりです。
ああ、着物を制作する側も着る側もともに元気でもう少し栄えて欲しいなあと願うばかりです。
【 2017/03/16 】 編集
Tomokoさま
はい、こんないい加減な自分が習ってていいのかなと
いつも自問自答してます i-230>
ちゃんと和裁のお仕事をされてる方に申し訳なく思います〜。

着物は特別な物じゃなくファッションの一つとして
裾野が広がるようにもっとお気楽に着て欲しいですね。
(でも絹物は洋服でも特別感あるし…難しいかな)
【 2017/03/16 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する