香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

アンティークな一揃い

※睡眠への不安を考えてしばらくPCは昼間だけにしました。
 なので記事アップはどんどん遅くなります、すみません。


さて、浅草へはこんな感じで参りました。

    170126_094109.jpg

はい、ボンボンが見えてますね〜(笑)
あれはこういう感じで使ったんですよ。



    170126_082843a.jpg

今も取り扱ってるかどうかはチェックしてませんが
以前、K田商店さんでもう少し大きめのファーのボンボンを
防寒用として置いてありましてね。
機会があったらマネっこしようと思っておりました
(フェイクフェーは堅さや手触り・形状がやっぱりイマイチです)
今回お利口にリアルファーが手に入って良かった♪
この日は暖かい日でしたので防寒になったかは…?(笑)
着物でのお出かけは都心が多いし、都心に出れば
寒い中歩く事も少ないし、大雪の日は着物で出歩かないし
防寒草履とか持って無くてもワタシにはこれで十分です

浅草へはアンティークな取り合わせで行ってきました。
以前、ブログサーフィンしてた時にどなたかの所で
モーブの着物に芥子色の半衿を合わせたコーデがあって
「あ、似たような色持ってる。やってみよう!」
組み合わせてみたのでした。
半衿・着物がアンティーク風味なら帯も合わせようと
これまた久しぶりの竹姐のアンティーク帯を締めました。

170126_092409a.jpg 170126_092419a.jpg 170125_114618a.jpg

モーブ色小紋(洗い張り・仕立て直しして生地にテリとハリが甦った)
薔薇に竹の刺繍名古屋帯
ガツンと刺繍のアンティーク風半衿
ブルーに紫のボカシの帯揚げ
市松柄帯締め
演目に合わせて虎の根付(“吃又”に虎が出てくる)

半衿の全体はこんなにたっぷり刺繍が入ってます。
着物着ちゃうとあまり出ませんけどね(笑)

170124_143123.jpg 170126_092434a.jpg

浅草公会堂の三階席(実質五階)は暖房が効いてて
暑いくらいでした
もちろんボンボンは着席前に外しましたよ。
着脱自由なのでラクチンです


スポンサーサイト
【 2017/02/01 (Wed) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(4)
こんにちは! アップ待ってました☆
なるほどー、歩いていて外れたりはしないのですか?
大きさが絶妙に合っていますね。
アンティークな取り合せもステキ。どちらも私、持っていない
色なので憧れます。
【 2017/02/01 】 編集
神奈川絵美さま
ふふ、お待たせしました i-235

鼻緒に髪留めの要領で留めているので外れませんよ。
ボンボンが適度な大きさなのでユルユルにもなりませんし。
この着物は地紋が気に入って材料で求めたんですが
この色、池田重子さんの個展にも飾ってあって
染め替えを思いとどまった一品です i-179
【 2017/02/02 】 編集
ひゃ〜♡こんなボンボンだったら私もつけたい♡
つま先にぼっこり毛のカバーがあるものは、
それはそれであったかそうでいいなあとは思うんですけど
屋内ではもっさりして履いていられない気がして・・・。
今度またお会いしたときにでも教えてください。
【 2017/02/02 】 編集
Tomokoさま
んね、んね、なかなかカワイイでしょ i-278
K田商店さんのはおっきなボンボン1つでしたが
こちらはヘアゴムなのでそこそこのが2つ、
我ながらヤッタネ♪と思いました(笑)
お財布と収納がちっさいので防寒専用は手が出ませんし
ワタシにはこれでちょうどいい加減です i-236
【 2017/02/03 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する