香古箱

いろんな箱に「楽しい」を詰め込みながら、ゆるゆるとお仕立てお直ししています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

8雲師匠

ちょこっと着物でザギンまで〜

    170118_100908.jpg

同好の士と待ち合わせて
行ってきましたコチラ のイベント。

    170118_113404.jpg

※カタカナもなんなんでタイトルちょっと変えました(笑)


作品のファンという事はもちろん
今回キャラがO倉浴衣着てるし
またO倉充子さんがキャラクターそれぞれの浴衣を
新しくデザインしてるっていうのでね〜♪

まずは入り口でお写真撮って遊んでもらいました
(キモノ雑誌の表紙のアプリでその場で加工していただいた♪)

いえ〜い、『7緒』特別号 ⇒ IMG_9366七緒

中に入ると…「あ〜、知ってる×2」な場面のナマ原がっ!
コミックスでは全10巻なので期間的には短く
最初と最後で絵柄の変化はそれほどありませんが
段々とデータを使って原稿を作って行ってる過程が見て取れて
面白かったです(初期はちゃんとバックも描き込んでるんですよねw)
天衣無縫な助六、繊細な菊比古(後の八雲)、無邪気な与太郎
天の邪鬼な小夏ちゃん
おっと、忘れちゃいけない癒しの松田さん!

たっぷりの原画を拝見した後は物販コーナーへ。
オリジナルの浴衣も目の保養ですが
一番の目的はO倉さんの干支手拭いをゲットする事!
三種ある中で見比べて、迷って、一番鶏の一色刷りのにしました。

    170118_195258.jpg

出口付近にはこ〜んなセットもあり

IMG_9369縮小 IMG_9372縮小
後ろも撮ってもらった。二人に挟まれて至福の笑顔

そりゃ〜、やっぱりやるよね〜(笑)
お座布団 ふかふかで座り心地よかったです

その後、トップスでランチ&お茶して
しゃべり倒してそれぞれバイバイしたのでありました

170118_115647.jpg 170118_120958.jpg 170118_122702.jpg
トップスといえばカレーなのにパスタを注文する(爆)

ランチタイムなのに平日だからかお店も空いてて
なかなかよかったです〜
(じつは、最初に行こうとしてたトコは土日しかランチしてなかった…)
遊んでくださって、そしてお写真もありがとう〜

     :

そんな日は、八雲師匠リスペクトコーデ(笑)

 170118_092713縮小 170118_092625.jpg

Hさんのリバーシブル1号(チャコールの方)
二部式リバーシブル帯(道行きからの仕立て直しの方)
紫とブルーのぼかし帯揚げ
紺地の伊賀組紐
兎の箸置きからの帯留め
干支根付(佐賀錦使用)
羽織は黒の総絞りに林檎の背守りを付けて

IMG_9370縮小 170118_075919.jpg

そうそう、半衿は若冲の雄鶏さん。
帯は銀座結びにしたんだけど椅子に座ったりしてペチャンコ(笑)

帰りに三越の地下に寄ったら、クルミッ子がありましたのん。
つい最近、TVでやってた烏羽玉もあったので一緒にゲト。

    170118_155551.jpg

下の根付は本日使用した酉さん


スポンサーサイト
【 2017/01/18 (Wed) 】 着物みだれ箱 | TB(-) | CM(4)
香子さま
Tさんの所で拝見してこちらにまいりました。
赤い背守りと鳥さんの半襟ですぐに分かりましたけど・・・(笑)
いろんなセットがあって面白いこと。両手に花(?)で、香子さんの満面の笑みが
可愛らしいです。
【 2017/01/19 】 編集
朋百香さま
あはは、T子さんに遊んでいただきました〜 i-179
こういうセットがあって楽しかったで〜す♪
【 2017/01/19 】 編集
先日はどもでした〜♪ 楽しかったですね〜!
あのアプリや、会場外のセットのおかげで写真も撮り甲斐がありました。笑
香子さん、黒系すんなりお似合いです。粋になりすぎない。
黒い着物にチラリと赤って、合わない人は合わないですもんね。

一昨年だかに亡くなられましたが、小三治師匠とも仲よかった扇橋師匠は
最晩年によく黒紋付に赤いお襦袢で高座にあがっていらっしゃったんですが、
飄々とした様子にこれがぜんぜん嫌味でなく、意気がらず、
でもってちょいと可愛らしい色気を感じさせてくれて
とてもお似合いだったのを思い出しました。

アニメも漫画も、私はまだまだ物語の途中にいますが愉しませていただきます♪
【 2017/01/20 】 編集
Tomokoさま
こちらこそ、ありがとうございました〜 v-428
いっぱいお写真撮っていただいて感謝×2♪

> 一昨年だかに亡くなられましたが、小三治師匠とも仲よかった扇橋師匠は
> 最晩年によく黒紋付に赤いお襦袢で高座にあがっていらっしゃったんですが、

落語家さんはお襦袢凝りますよね。
最近では菊の丞師匠の色目に目が釘付けでした(廓話で色っぽかった)
そして一般ピーポーは、やはりやりすぎたら一般じゃなくなると思うので
この日は襦袢と背守りだけに赤を留めておきました i-236
【 2017/01/20 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する