香古箱

ARTICLE PAGE

まずは二部

今月は文楽も『忠臣蔵』です
(通しにすると長い。10時30分~21時30分過ぎの長丁場ですっ!)
昨年とえらい違いですねえ。
もっとも50周年の記念行事の年に『忠臣蔵』をって事であれば
昨年(『四谷怪談』だけで)掛からなかったのも納得です。
(10年前でしたっけ? それぞれの内蔵助で三ヶ月連続の『忠臣蔵』は)

シリウスガールズなので、さすがに通しは止めまして
師走で他の予定もあり、まずは二部から参ります。
10月11月で歌舞伎を観ていたので話は続きますし
元から知ってる話なので なんら違和感はありません
国立劇場開場50周年記念
12月文楽公演『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』

<第二部>
七段目   祇園一力茶屋の段
八段目   道行旅路の嫁入
九段目   雪転しの段・山科閑居の段
十段目   天河屋の段
十一段目 花水橋引揚の段


文楽は字幕が出るから分かりやすいですよね。
一力茶屋でのお遊びの囃子詞…なるほど~でした
平右衛門(K十郎さん)が出てくると
ぱ~っと舞台が華やぎますね~♪
S甫太夫さんの声もなかなか合ってましたよね。
後のH太夫さん、S甫太夫さん、R勢太夫さんの
3人の並びが良かったです。

歌舞伎でも大好きな九段目は、K十郎さんが遣う本蔵。
最期の事切れるトコなんて思わず泣けちゃいますね。
やっぱK十郎さんの人形遣い好きだなあ
M久太夫さんは相三味線がT蔵さんだからか熱演(笑)
「黙れ!」は迫力ありましたよ、
舞台も客席も緊張の糸が張りましたもん。
あの竹で雨戸を倒すのは歌舞伎だと力弥がやるんだけど
文楽は由良之助が自ら出て来てやってました。
由良之助、あまり見せ場が無かったもんね

十段目もなかなか歌舞伎で掛かりませんが
以前、K六さんで観た事ある気がします。
「天河屋義平は男でござる」…いいセリフ(笑)

花水橋で出てくるのは桃井だっけ?
今度の歌舞伎版の方で確認して来ようっと。

※休憩時間が25分10分10分と短いです。
 お食事お手洗いなど計画して休憩して下さいね。


豊竹 咲太夫
鶴澤 寛治
鶴澤 清治
吉田 簑助ほか



基本いつも お1人さま観劇なんですが
お友達と劇場でバッタリ。
その後も観劇日が重なるようです(笑)
やはり師走なんですねえ(爆)



スポンサーサイト

2 Comments

神奈川絵美  

こんにちは! レポありがとうございます。
予習になります~。
そうそう、休憩時間短いのですよね…第一部も同じようなもので、
25分間でご飯その他…となるとあっという間です。

確かに、今回は50周年とのことで、忠臣蔵オンパレード状態
なのでしょうね。

2016/12/10 (Sat) 22:07 | EDIT | REPLY |   

香子  

神奈川絵美さま

いえいえ、ストーリーに対しての感想が無くて申し訳ない i-235
もうワタシにとっては技芸員さんの事とかセットの事とか
そっちの方に興味が行ってまして(笑)
休憩は時間との戦いですよね〜。
今回はお弁当作っていったけど、一部は早いから買うかなぁ i-201

2016/12/11 (Sun) 09:28 | EDIT | REPLY |   

Post a comment