香古箱

ARCHIVE PAGE: 2017年09月

READ MORE

季節の手拭い(冬)

さて、秋の次は冬です。   左上から時計回りに雪に椿柄(1月半ばから2月いっぱいまで)富士山柄(1月いっぱい)日月椀柄(お正月と和食を食べに行くとき)雪輪柄(12月から2月いっぱい)雪うさぎ柄(雪輪柄に同じ。また卯年にも)※カッコ内の使用期間はワタシのこだわりです。...
READ MORE

カジュアルに六本木

ギロッポンにはこんな感じで…    最初に思い浮かべたのは白大島でしたが会場で浮く気がして気が乗らなくて…なんか他に無いかなぁと探したら川越唐桟が目に入ったのでした...
READ MORE

J展へ…

チケットをいただいていたのに夏の暑さが災いしなかなか足が向かなかった森美術館。ようやく行ってきました 10月15日まで☆コチラ☆開催中なんです。    あ〜、懐かしい×2!...
READ MORE

追悼音楽会

ハマのシショーのお誘いでコンサートに行ってきました。    着ていくと喜ばれるのでもちろん着物です。シショーといつもの仲間たちでいつものとんかつ屋さんで腹ごしらえして 「やっぱり揚げ物は外で食べるとおいしいよね〜」と、教え子たち一同(笑)管理栄養士でもあるシショーは「なに言ってんの、揚げ物が一番簡単じゃない!」ワタシたち「いやあ、だってねえ…」って(苦笑)...
READ MORE

季節の手拭い(秋)

ホント、けっこうな数を持っている手拭いですがそのうちのちょっとずつをご披露しますね。まずは季節柄・秋の定番    左上から時計回りに紅葉のシルエット柄(11月に出番が多い)銀杏柄二種(季節関係なくニザさまがお出ましの時も)お米柄(田植え時期の5月と収穫時期の9月用)葡萄柄(お気に入りで一番出番が多い)鳥と秋薔薇(色的に秋に使う事が多い)...
READ MORE

ホテルでランチブフェ

S島先生の日本橋サロン前期最終日は外出です。    ホテルのレストランでランチブフェなのでちょっとオスマシで〜す...
READ MORE

因みモノ…!?

いいお天気になったし白大島でも…と思いましたが“通し”となると座り皺が気になるので柔らか物にしました。    はい、こんな出で立ちで...
READ MORE

秀山祭

今年からゴルフを再開した相方がクラブ振りで一日居ないのでワタシも歌舞伎座に行って参りました。へへへ、通し〜     木挽町広場はすでに秋の設えですねえ...
READ MORE

狐といえばコレ♪

先日から単衣を始めたのでもう夏物には戻りません (洗える物は洗って片付けたし、正絹物も悉皆に出しました)    雨模様でしたが出掛ける頃には上がってましたよ。でも蒸しましたねえ〜...
READ MORE

お狐さまオンステージ!

待ってました、K十郎さんのお狐さま     一昨年大阪で好評を博した演目です。大阪へ飛んで行って観たかったけど諸事情で断念。昨年のヴァレンタイン、楽屋にお邪魔した際に「東京でもぜひ!」とK十郎さんにお願いしました。もうもう周りからそういう声が多かったのでしょうようやく観られる事になりました、わぁ〜い×2...
READ MORE

「Happy Birthday Sweet 60」

まず言っときます…ハッピーバースディはワタシじゃありませんよ~ 60歳に見えない芸能人ランキング1位に輝いたT田恵子さんの還暦記念ライブです~     けっこな残暑でしたがいそいそと着物で行ってきました。...
READ MORE

永遠のD

自営業の味方、いつもの共済会で優待チケットゲットしておりましたコチラ    ようやく行ってきました~ 新学期も始まったし空いてると思ったのに会場に着いたら意外に混んでました...
READ MORE

駆け込みで夏物

9月はいつも残暑がキビシいのに今年は雨が多く、秋が早いですよね。文楽一部には絶対夏物を着る!と予定していたのでこの日は晴れて気温が上がって良かったでした    演目に因んだ「朝顔」の帯留めは夏物じゃないと合いませんもんねえ...
READ MORE

鍵は朝顔

さて今月は文楽公演があります。とりあえず一部から     だってタイトルに「朝顔」が入ってるんですもの。まだ夏の香が残っているうちに行きたかったのです。...
READ MORE

ありがとう

押し入れから懐かしい物が出てきました。   Cが3歳の頃に作ったフェルトのケーキ...
READ MORE

踊るために生まれてきた…

ヤボ用で2〜3日引き蘢っていたのでちょっと外に出て電車に乗ってきました。映画の日なのでね〜、久しぶりに映画です(笑)この春、TVで観て公開を楽しみにしていた映画それがこちら    今ちょっこす別の部分で話題になってますが… 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』...